上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sozai

**お知らせ**

すっかり、自BLOGが10/4で2周年を迎えていた事も忘れる程・・・日々の生活に追われていました^^;(反省)
BLOGを始めて2年も経過したのか?と感慨深くもあります。思えば色んな方との出会いもありましたし、ずっと・・・読者でいてくれた方も沢山いらっしゃいます。
そして・・・リンクされている方でBLOGを止めてしまった方も沢山いらっしゃいますが・・・色々なことを教えて頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
そして・・・今は、BLOGでは、お会い出来ないけれど皆様の今後のご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます。
始めた当初は、TBやコメント返しを律儀にしていましたが(笑)最近は、ご訪問件数も少なくなり自BLOGの更新で精一杯(。-_-。)。。oなのです。
思えば・・・人生とは別れと出合いの繰り返し・・・(笑)私の性格上・・・「去るものは追わず・・・来るものは拒まず・・・」「行雲流水」「風林火山」座右の銘でございますのでBLOGは自分の中のアウト・プットと捉えているのでコレからも自分の興味を持ったソーイングや大好きな映画や音楽・戦記物の読書など趣味の世界を探求して行こうと思います。

2周年のカウプレもしたいなぁ~と考えておりましたが・・・個人情報も絡む責任もあるので^^;でも・・・お礼もしたい(。-_-。)。。o・・・前回の引越し記念カウプレが大事だったのでエネルギー使い果たし^^;ほんと・・・微妙な所です。
始めた当時はあんまりこういう事は考えなかったんですけれどね(笑)X’マスプレゼント企画になるかも知れません。(しないかも知れない(笑)無理が一番良くないもんね“(--;)ウン・・・)


comandante

先日「伝説になった英雄 チェ・ゲバラ」を見た後拝見した映画です。
なかなか・・・PCにじっくりと向う時間も無い毎日^^;映画も沢山観てるのですがカテゴリーの記事の写真だけ、どんどん溜まっていく一方です(笑)

「COMANDANTE」

2002年米国作品
監督   オリバー・ストーン
出演   フィデェル・カストロ  オリバー・ストーン(スタッフ他)

コマンダンテとは・・・・司令官という意味です。
「プラトーン」や「ウォール街」「天と地と」「JFK」など監督。自らも米軍の兵士として2度ベトナム戦争に出征し勲章も授与されている異色の経歴の持ち主である社会派監督オリバー・ストーン監督のカストロ議長への30時間にも及ぶ密着レポート&インタビューのドキュメンタリー映画です。
ちなみに・・・・本国アメリカではしっかりと「検閲」が入り(笑)公開されていない曰く付きの、アメリカ大陸の異端児・・・アメリカが最も恐れている小国キューバの指導者のカストロ議長への独占インタビュー・ドキュメンタリーです。

それまで・・・キューバというとイメージは、まずアーネスト・へミングウェイが愛したキューバの海や「サンティアゴ・デ・キューバ」という・・・・歌と、カストロ政権の転覆を狙った 「グッド・シェパード」にも描かれている「キューバ危機」・先日観たキューバ革命を助けたあのゲリラ戦士ゲバラのいた国・・・南国のリゾート地という事しか頭にない私でした。^^;

公式予告サイト(動画)はこちらです♪ 

カストロ議長についての詳細はこちらでご覧下さいね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


DSC01543COMANDANTE

何度もカストロ議長自身が手をやる軍服のベルト・・・着こなしが崩れるのはやっぱり嫌なのでしょうか?それにしても最高議長だからでしょうか?軍服も素材が非常に上質なんですよね。足元は・・・彼の嫌いな!?はずの帝国主義のブランド「ナイキ」でした(笑)
「タイタニック」など米国映画をDVDで鑑賞したり好きな女優はソフィァ・ローレンだそうです(笑)
ちなみに、運転手&SP付きの車は・・・・ベンツです。
ベンツも・・・各国の要人用に防弾ガラスでドアやボディも装甲を分厚くしているタイプ。
しかし、町を走るバスや車は・・・・キューバ革命時(60年台の米国産のセダンタイプのガソリンがめちゃ食うタイプです^^;)
ゲバラが目ざしていた工業力の強化は全くもって実現していないようです^^;
所謂・・・シェスタや南国人特有ののんび気質は南米人にしてはパリパリと時間を守る約束を守る日本や欧米では当たり前な価値感は通用しない(笑)この辺にゲバラもやきもきしていたようですね~~^^;
インフラもかなり整備されておらず・・・独自の社会主義路線を保ってはいますが・・・実際はかなりヤバそうな雰囲気です^^;エリアン少年事件とか1993年には実娘のアリナ・フェルナンデスが米国に亡命したり色々内情が複雑で言語統制やシビリアンコントロールはどうなっているのでしょうか??(撮影時はまだカストロ議長が病気する前で、現在は弟であるラウル氏が政権を暫定的に任されているようです)
キューバ革命後・・・議長に就任した際「全ての公約が実現した時に、私はこの髭を剃る」と明言しましたが・・・未だに公約は全て実現していないのでしょうか?

インタビュー当時は80歳ですか?ゲバラもそうでしたが非常に長身です。
カストロ議長は元弁護士さんなので革命軍の党首として戦っていた何度も投獄されていたバチィスタ政権時代・・・自分の裁判も自分で弁護するくらい雄弁で頭の切れる人です。インタビューでも彼の切れる才覚はかい間見ることができますし、交わすのが上手い(笑)
JFKの例のパレードでもオズワイルド単独犯行についてもカストロ議長は真っ向から否定していました。スナイパーが何人かおり多方面からケネディ大統領を狙い打ちした犯行だそうです。
この辺も、現在も車の中の後部座席に護身用の短銃を持ち・・・革命軍の戦士として自ら銃を持ち戦い抜いた経歴の在る人の納得の言動ですね。

DSC01541COMANDANTE

アメリカの南方にあるカリブ海の人口約11,309,000人 の住む南国の島国である小国キューバ社会主義国。
19世紀の昔から革命前迄・・・サトウキビやバナナなど全て米国企業に搾取され国民は貧しい生活を強いられていた。
ゲバラも、カストロ議長もこの米国の大英帝国を模倣した(笑)帝国主義(植民地化)を痛烈に批判していますね。
映画「グアンタナモ僕達が見た真実」にも描かれている米軍基地や収容施設もキューバ東部に米国が100年前に締結した条約で半永久的に借用している敷地に米軍の基地がある。キューバ政府は返還を求めているが今だに返還されていない。
詳しくは「ヤンキー ラブズ ウォー」を読むと分かりやすいですよ(^_-)-☆

ヤンキーラブズウォーヤンキーラブズウォー
(2003/10)
近代アメリカ戦争史研究会

商品詳細を見る


DSC01539COMANDANTE

シンボリックな・・・チェ・ゲバラの肖像。
今年10月9日でチェ・ゲバラの没後40周年になるそうでキューバ革命の同志で英雄でもあるゲバラの追悼行事(カストロ議長は姿を見せず)ゲバラの霊廟のある(ボリビアで銃殺された後キューバ政府に引き渡された遺体を安置している)サンタクララでも盛大な追悼式典が行われたそうです。
ちなみに・・・ゲバラの遺体はボリビアのイゲラ村の洗濯場で丸二日晒し者になってその後数人のゲリラの部下達と秘密裏に埋められた。ゲバラの遺体はゲバラと分かるように両腕を切断されて埋められたそうです。
何方かが・・・HPにゲバラの遺体の表情について
「死んでも尚、意思を持ち続けているようだ・・・・」と書かれていましたが、まさにピッタリの表現です。
ゲバラとの別れの手紙の件もストーン監督に手厳しく突っ込まれていました^^;
私は・・・やはりソビエトに援助&支援してもらう為には、ゲバラが一種邪魔になったのではないかと思っています。(笑)一人の盟友を選ぶより・・・国家を自立させることの方が当時彼の選択せざる終えない選択肢でゲバラ自身も(彼は元々アルゼンチン人)キューバ人ではないし、自分の理想の社会主義の思想とは一線を欠いていく盟友カストロの心変わりも承知していたと思います。カストロにとっては・・・兄弟以上に信頼できる盟友との別れは非常に痛手だったとおもいます。この二人・・・一種の「ヤマアラシジレンマ」なのかも知れない^^;
私も恋愛体験でこういう経験したことがあるけれど・・・・気持ちの一部はわかるような気もするなぁ~(笑)というか・・・私の場合、あんまり距離保ってくれないタイプは苦手ですね。猫型女ですので・・・・(^З^)ぷぷ・

「永遠の勝利まで。
祖国か死か。
ありったけの
革命的情熱を込めて
君を抱擁する
(ゲバラからカストロへの別れの手紙より)」

チェ・ゲバラ伝チェ・ゲバラ伝
(2001/01)
三好 徹

商品詳細を見る

チェ・ゲバラわが生涯―ヒューマン・フォトドキュメントチェ・ゲバラわが生涯―ヒューマン・フォトドキュメント
(2007/07)
エルネスト・チェ・ゲバラ

商品詳細を見る

↑今・・・一番欲しい本(写真集)です(笑)

DSC01685GUEVARA

ちなみに・・・・コレが彼の功績以上に有名になりすぎた物議を醸し出しているコルダ氏撮影の
「ゲリラ・ヒーロー(guerrilero heroico/fotoby alberto korda)」の写真。
反体制の象徴的なイメージとなっていますね。


関連記事「伝説になった英雄/EL CHE(チェ・ゲバラ)」  
「グアンタナモ僕達が見た真実」 

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。