上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




クジラ島の少女 クジラ島の少女
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ (2004/06/25)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る



主役のケイシャ・キャッスル・ヒューズがアカデミー主演女優賞に最年少13歳にしてノミネートされ・・・・数多くの映画祭で観客賞を受賞したニュージーランド映画。

ニキ・カーロ監督
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 主演
クリフ・カーティス      出演

私は、TVはケーブルしか見ませんし、CM時のあの突然音量が大きくなるのが嫌いなので^^;我が家のTV殆ど電源がOFF状態ですが・・・・
(^▽^;)偶然「クジラの島の少女」という、ニュージーランド映画を観ました。

昔・・・昔・・・マオリの先祖はクジラに乗ってこの島にやって来たという伝説と一族の族長の末裔たる祖父と、伝説に縛られるあまりバラバラになっていく家族の姿や昼真っから働きもせず(都会に行かないと仕事がないのだ^^;)ごろごろ昼寝をしていたり・・・お決まりのマイノリティのお涙頂戴!?(笑)ドラマかと思った全編・・・(この辺がきびちいかも?!(笑)でしたが、後半がこのアカデミー主演女優賞にノミネートまでされた美少女のケイシャ・キャッスル=ヒューズちゃんの演技がつい・・・涙腺を緩ませるし^^;迫真の演技でそれまで単調だった映画の中に引き込まれて行ってしまいました。






ニュージーランドの先住民、マオリ族の伝統を継承するべき族長の家系に生を受けたパイケアと言う少女の話。
パイケアの母親はパイケアの出産時にパイケアの双子の弟と共に死んでしまう。跡継ぎの長男を心待ちにしていた祖父は、生き残った子供が女の子だったことに深く落胆するのでした・・・・
族長の家系に生まれた少女パイケアを通じてマオリの族長として後継者を探し伝統を継承して行く事に責任と生きがいすら感じている祖父との確執やパイケアの心の成長と美しい島の暮らしやマオリ族の過去と現在の暮らしのあまりに先住民族としての誇りを白人社会に踏みにじられた「魂」の抜けたような価値感と生活・・・・どこに、過去の勇敢だったマオリの魂が再生できるのだろうか?

一族の誇りと伝統を誰より重んじている祖父を見て育ったパイケアは、祖父の意志を継ごうと必死で努力するも、族長の使命や今更ながら(笑)伝統を守ることに必死になっている祖父を理解しようとすれはするほど女に生まれたことが原因でことごとく祖父の誤解による怒りを買い(継承者は男子でなければいけない掟がある・・・どっかの国の皇位継承問題見たいだ^^;(笑)祖父といやおうなしに対立してしまう。
生まれてまもなくは・・・・祖父もパイケアを可愛がる姿も描かれていたのに・・・祖父に、どんなに冷たくされてもパイケア祖父を慕うパイケアの汚れを知らない美しい心やシーンには、大人は皆涙するでしょう。

本当の意味の精神(心)の豊かさ・・・魂の気高さや、生きて行く上で大切なこと・・・マオリの少数民族少女パイケアを通して伝統を守り生きること、マイノリティであることの大変さなど、映画ですが・・・心洗われる神秘的な素晴らしい作品でした。
昔...観た「フィオナの海」というアイルランド映画にも少し似ているかもしれません。
もう一度レンタルで探してゆっくり観てみたい作品です♪
先住民族の人権問題など、描き切れていない一面も確かにありますが、ビクトリア女王の時代かつてイギリス人が「ピアノレッスン」にも描かれていた様にニュージーランドに進入し植民地にしていった島の忘れ去られた心優しい純粋な人々の事を知るきっかけにはなるのです。
心に残る・・・本当の映画と言うのはこういう地味な作品ではないかしら?と思いました。

ニュージーランド先住民マオリの人権と文化 ニュージーランド先住民マオリの人権と文化
平松 紘、ジェラルド・ポール マクリン 他 (2000/04)
明石書店

この商品の詳細を見る


しかし・・・浜辺に打ち上げられたクジラの映像はどうやって撮影されたのだろうか???見終わった後に・・・冷静になると非常に疑問だ^^;汗(笑)これからの暑い夏に向けて親子で鑑賞されてみてはいかがですかしら?


先日....お邪魔した平取の「アイヌ文化博物館」で拝見したアイヌの人達の文化ともネイティブアメリカンの人達の領土を取られ宗教も改宗させられた支配者による先住民族への統治支配を思い出したのは私だけだろうか?どこもかしこも一部の権力者により弱いものは時の権力者「強者」に絡め取られて行く・・・・純粋で汚れを知らない人々を虐げてきたんだよって、歴史も忘れてはいけない(笑)

アイヌ資料館2アイヌ資料館3

アイヌ民族の人権問題や文化の継承に心血を捧げたといわれる国会議員だった故萱野 茂二さんの出身地平取町の二風谷(集落はダム建設工事で水没)の「アイヌ文化博物館」で撮影させていただいた、キルトです。
ハワイアンキルトと非常に酷似しています。形はつい丈のキモノで装飾や文様が大変細かく色合いも素晴らしく美しくて感動しました♪

アイヌ資料館4

ハタ織り機。

アイヌ資料館1

パイケアの祖先もこんな?船で来たのでしょうか?江戸時代末期、民族の独立の為に戦ったアイヌの英雄であり戦士の「シャクシャイン」の物語を思い出してしましました。

アイヌ民族の伝承で伝わる物語もモニターつき映像を交えて楽しめたり、狩猟用具、信仰儀礼用具など伝統的な生活文化をうかがい知ることのできる約三千点の民具資料を収蔵していますし、近くにはすずらん群生地もあったり、桜の名所などもあり乗馬でお邪魔する地域ですが色々見聞きする興味深いスポットも最近、相方と発見しました。

考古学・人類学・言語学との対話―日本語はどこから来たのか 考古学・人類学・言語学との対話―日本語はどこから来たのか
馬場 悠男、大野 晋 他 (2006/12)
岩波書店

この商品の詳細を見る
シャクシャイン戦記 シャクシャイン戦記
大森 光章 (2002/04)
新人物往来社

この商品の詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/918-093c7209
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。