上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


俺は君のためにこそ死にいく1

なにかと話題の石原前&現都知事の脚本&総指揮による・・・映画「俺は君のためにこそ死にいく」を観に行ってきました♪
終戦末期、九州最南端の<知覧太刀洗陸軍飛行場>から、本土決戦の時間稼ぎの為の作戦で...沢山の若者が米軍の艦隊を沈めるべく「特攻攻撃」を命令され陸海軍合わせて5千人以上(知覧基地からは、1036人)散っていきました。
その特攻機の若き隊員達と軍指定だった食堂「冨屋食堂」の女将の鳥濱トメさんの戦前・戦後の物語です。しかし....折角、生き残っても特攻隊員達やその家族には過酷な試練と運命が待ち受けていたのでした。

 「特攻」という当時の海軍・陸軍で色んなスタイルで横行していた捨て鉢の「統率の外道・犬死」とまで言われた非情な作戦を全くご存知無い方でも分かりやすく描かれていたストーリーだと思います。


「特攻隊員から
母のように慕われた
 鳥濱トメさん。
彼女に聞かせてもらった
隊員達の真実の声。
過酷な時代を生きた
美しい日本人の姿を
残しておきたい」

>石原 慎太郎
原作&製作総指揮

監督  新庄 卓(沖縄県出身)
主演  岸 恵子(鳥濱 トメ)
    徳重 聡(中西中尉)  
    筒井 隆道(田端少尉)
    窪塚 勝次(坂東少尉)  
    中村 惣一(川合軍曹)
    前川 康之(金山少尉)
    多部 未華子(鳥濱 礼子)
    的場 浩二(関 行男)
    伊刀 雅刀(大西 瀧治朗中将)


鳥濱トメさん

此方が、「特攻の母」と呼ばれ隊員達に慕われた本当の鳥濱トメさん。
明治35年生まれ。母親はお屋敷奉公の女中さんでトメさんは私生児だったそうです。
小学校へもろくろく通えず7歳にして子守奉公に出され「おしん」と同じ様な人生を歩む。15歳で住み込みの女中奉公へ・・・そこでも酷い苛めに合う。その後・・・旅館の女中となり20歳で夫となる鳥濱 義勇氏と出会い旧家の出だった夫の家族に反対されたが結ばれ、夫の両親・兄弟を養いながら「冨屋食堂」を開業。
その後、昭和16年。39歳の時に、知覧に太刀洗陸軍飛行場知覧分校が出来き飛行場が整備されたと同時に陸軍の指定食堂となる。
わずか、15~6歳で少年兵として志願してきた男の子達にとっては、今のように電話や携帯電話もない時代・・・宿舎に帰れば厳しい訓練。家族と離れて暮らすと言う事がどれ程、寂しく心細かったことでしょう・・・(;へ:)
皆・・・トメさんの分け隔てしない愛情と優しさに「本当のお母さん」のように慕うようになり隊員達は皆、トメさんの写真をポケットに入れて南方へ飛び立って行ったそうです。
戦局が悪化し、物資や食料が無くなっても自分の着物や資材を投げ打って訪ねて来た出撃を控えた隊員達に料理を振舞ったそうです。彼女の正義感の強さ意思の強さは、この生い立ちにも関係しているんですね~♪流石!!明治の女性は強い♪

ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子 ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子
赤羽 礼子、石井 宏 他 (2001/05)
草思社

この商品の詳細を見る

当時、知覧高女の「なでしこ隊」で隊員達のお世話もしていた次女の赤羽 礼子さんと作家の石井 宏さんの共著「ホタル帰る」


岸恵子

鳥濱トメさん役の岸 恵子。
美しいですね~~♪この年齢でこの美しさ・・・奇跡です♪前にも書きましたが、この年齢になっても美しいのは日本女性くらいではないでしょうか?黒髪で太らない体質・知的なことにいつも感心があるから内面から湧き出る美しさ・・・ほれぼれ(。-_-。)。。o
石原都知事の熱烈なラブコールでトメ役に・・・笑)
「君の名は」でヒロインに抜擢され・・・主人公の真知子のスカーフの巻き方「真知子巻き」も一世を風靡した流行となったそうです。
その後、仏の監督と結婚・離婚。デルフィーヌちゃんという女児を儲け。現在もパリと東京の往復のお暮らし。(娘さんは一時・・・ロックシンガーだった事も(笑)
原 節子・草笛 光子と同じく美人女優の出身校と言われる横浜工女の出身。著書に「私のパリ私のフランス」「風が見ていた」「巴里の空は茜色(文芸大賞エッセイ賞)」などがある。勿論、仏語はペラペラ~♪

隼1

約5000万円を投じ、幻の陸軍戦闘機『隼』の原寸大を2機復元。
ゆたさんに教えてもらったんですが・・・何故!?特攻をしないといけなくなったのか??ベテラン戦闘機乗りが少なくなり、被弾せず効果的なダメージをアメリカにどのように行うか?陸も海軍も色々模索していたようですね。

>>当時、横須賀航空隊から高橋定少佐が教官として、フィリピンで講習を行なったそうです。少佐曰く『専用に改造した飛行機をスパイに発見され、それをすべて爆撃されて、飛行機が無くなり、特攻に入った』って言ってます。<<

そういう経緯もあったのですね~(@_@)


中西

中西 正也少尉「第71振武隊 中西隊隊長」
「靖国神社の鳥居の2番目の桜の下で集合だ!」と言って、部下と共に米軍艦隊が集結している沖縄の海に飛び立つ中西少尉。

川合

川合 惣一軍曹「第71振武隊 中西隊」
特攻で散華したのち・・・・「蛍」となってトメに逢いに来ると約束し自分の残りの寿命30年をトメにあげると言い残した犬好きの優しい少年。

犬を抱く特攻隊員

>>加世田で出撃を待つ第72振武隊の少年達。
川合軍曹のエピソードで偶然・・・以前、靖国神社の小冊子で見たこの写真を思い出してしまいました。あと・・・数時間で出撃というのに皆さん笑顔で写真に納まっています(;へ:)この犬を抱いている隊員さんは、恐らく十代ではないでしょうか??


知覧の女学生

女子勤労隊「なでしこ隊」  殆どが、現在でいう中学生。
「特攻」は極秘任務の為家族にも隊員達の居場所は知らせてはいけなかったし、軍の検閲も厳しかったが....憲兵の目を盗み隊員達からの家族への便り「絶世の句」を託され一身に送り続けた。
また、隊員達の多くは桜の時期に特攻しているが、少女達は桜の枝を折りマスコット人形(特攻人形と呼ばれ、それを持っていると身代わりに人形が死んで助かった隊員もいたらしい)を作り・・・せめてもの餞にと彼らの愛機のコクピットを桜の花やこいのぼりで飾って送り出した。
13~14歳の少女達には過酷過ぎる重圧と責務と労働だった。トメの次女である礼子(赤羽 礼子)も学徒動員の知覧高女「なでしこ隊」の一員で三角兵舎に通い隊員達のお世話をし、送り出している。


DSC09901.jpg

「兄ちゃ~~~ん!!!」(;へ:)こういうシーンも本当にあったのでしょうね・・・(ノд-。)クスン

DSC09909.jpg

物凄い臨場感とリアルだった突入シーン・・・
私は、映画なのに米艦に突入するシーンであまりにリアルな画像やアングルの為、涙(;へ:)(/□≦、)エーン!!で翌日・・・化粧が出来ない程、瞼が腫れました^^;

隼3

>ここに250キロ爆弾を搭載し、片道の燃料を積み敵艦めがけ特攻したのでした。(;へ:)

隼2

陸軍一式戦闘機「隼」三型。歯守島で回収された54戦隊機。米のチャンプリン戦闘機博物館にあったものを復元したもの。
防風は現物より高く変更されている。

>日本陸海軍まぼろしの軍用機図鑑より。


*俳優さんたちが育ち過ぎ(笑)恐らく主演の中西役や金城役の俳優さんは185~6センチはあると思います^^;
当時の戦闘機のコクピットは非常に狭い作りなので恐らく頭がつかえると思います。「隼」も多分・・・原寸大に復元した風防は高くしているんでしょうね。
ちなみに、この撮影に使用した2機は知覧特攻記念館に展示されるそうですよ♪

指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく 指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく
城山 三郎 (2004/07)
新潮社

この商品の詳細を見る

>最近読んだ本です。先日お亡くなりになられた城山 三郎さんの「指揮官たちの特攻」

性格も全くの対極にある二人の指揮官達。
海軍兵学校の同期で一人っ子・同じ年齢で新婚。一人は(関 行男大尉)特攻の先駆け
である敷島隊隊長として特攻死し、もう一人は、(中津留 達雄大尉)終戦の玉音放送
の5時間後、特攻出撃し(私兵特攻命令で)散華している。
二人の特攻隊員を通して、学徒動員で特攻隊員となるべく自らも訓練を受けていた経済作家でもある著者の力作です。所謂、事実に基ずく小説ですので読みやすかったと思います。
特攻はどうして始まったか?どのような機種を使用していたか?家族のその後など精力的な取材で描き上げれられており(;へ:)涙無しでは読めませんでした。改めて「軍隊」という組織や上司のよしあし(人の運命のはかなさについても)考えさせられてしまいました。
いますよ~現代社会にはこういう上司(笑)大西 瀧次郎中将みたいに自決して責任とったりする上司なんて皆無と思いますよ(即効!部下に責任転嫁しちゃう上司ばっか(>_<)(笑)此方も是非!!お薦めします。

Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/905-d3c0c4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。