上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の音楽記事です(-。-) ボソッ
今年のGWは、久しぶりにお家でのんびり過しました。
さて・・・・休日の朝やお昼などなんとな~くお家で聴いている音楽のご紹介です。
「シド・バレット・ストーリー」というFLOYDの初期のリーダーだった人のDVDも観たのですが、感想は次回に関連アルバム「炎」と一緒に記事にしたいと思います(笑)

***朝バージョン

The Man Who The Man Who
Travis (2000/04/04)
Sony International

この商品の詳細を見る

「TRAVIS」
2000年 ★★★★★愛聴盤

私は、「The Man Who」がアルバムの中で一番好きですね。PVも観ましたけど・・・・腕立て伏せしてましたね~~意味不明です。
最近・・・・BECKなどのかったるい系の音楽を聴く事が多いです。
新しいアルバムも買いました~♪
*車の中で聴くと・・・睡魔の襲われる為、要注意!!です(^▽^;)
Man Man
Francis Dunnery (2003/11/04)
Aquarian Nations

この商品の詳細を見る

Francis Dunnery 「MAN」
2003年 ★★★★★

冒頭の一曲目のタイトル曲「MAN」いいです(-。-) ボソッ
アコースティックでノリの良いサウンドで全体的に、聴きやすいアルバムです♪

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック 小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ、ビージーズ 他 (2002/05/02)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

「小さな恋のメロディ」1970年の同名映画のサントラ盤
★★★微妙・・・(^▽^;)

あのトラボルタの初主演映画「サタディ・ナイト・フィーバー」の音楽であまりに有名な
ビージーズ3兄弟の1960年代の頃の音楽はフォークソングでした(-。-) ボソッ
「IN THE MORNING」「MERODY FAIR」は朝の目覚めに最適です。
「SPICK AND SPECKS」はコロナスクールのマーチングバンドの演奏や子供達の合唱が入ってて・・・とても和みます(笑)
大英博物館を見学した際、やはりこんなメロディちゃんみたいな可愛いい制服で・・・確か、ギンガムでは無くブルーのダンガリーのワンピースや紺のブレザーを着たパブリック・スクールの小学生達が神妙な顔で見学していたのが印象的でした。サントラなので聴きたくない部分はカット!!(^▽^;)してます(笑)この映画よくTVで放送されてましたよね??
その他、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの曲も一曲入ってますが・・・ヤングって・・・ニール・ヤングのことでしょうか??

***昼バージョン

The Fat of the Land The Fat of the Land
The Prodigy (1997/07/01)
XL Mute/Maverick/Warner Bros.

この商品の詳細を見る

「The Prodigy 」
1997年★★★★☆

1997年にリリースされたプロディジーの大傑作アルバム。「Narayan 」「Diesel Power 」が一番好きな曲♪結構攻撃的なサウンドのデジタルサウンドのテクノロック。
お経みたいな呪文も挿入されていて面白いアルバム(笑)つくずく・・・あたしは、ドラムンベースなテクノ&トランスのリズムが好きなのかなぁ~(^▽^;)目覚めて活動し始める頃に聴く一枚。MP3に落としてランニングに聴いていた音楽。
コレを聴きながら車に乗るとフルスロットル全開になります~~(笑)そんなに、うるさい音じゃないのもお薦めします♪

23 AM 23 AM
ロバート・マイルズ (1998/01/21)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る

「23am」ロバート・マイルズ
1998年   ★★★★★私の愛聴盤です。

ロバート・マイルズは、スイス育ちのイタリア人で現在はロンドン在住。
打ち込み音楽じゃん!!と言われればそれまでですが、美しいピアノの旋律にかっこいいドラムンベースの融合!?私はいけてると思います。
所謂、ベルファーレ系が好むシステム・Fさんとは違います(^▽^;)
プログレッシブな大人のトランス音楽です。PINK FLOYDが好きな人は、大丈夫♪(笑)
元シスタースレッジの末娘キャシー・スレッジが歌う「FREEDOM」は、初めて聴いた時感動して(;へ:)が出ましたし、この声と歌詞と旋律にやられました(-。-) ボソッ(笑)
紛争問題や環境問題などの地球的危機感など・・・メッセージ色の強いアルバム。

***夕方バージョン

ブロックフレーテの魅力~涙のパヴァーヌ ブロックフレーテの魅力~涙のパヴァーヌ
リンデ(ハンス・マルティン) (2004/06/23)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る

ブロックフレーテの魅力「涙のパバーヌ」
★★★★★愛聴盤

文句無く・・・・精神も肉体も和むサウンド。お昼ねにもいいです(笑)

シューベルト:ミサ曲第6番&世 シューベルト:ミサ曲第6番&世
ベルリン聖ヘドウィッヒ合唱団、ベルリン聖ヘドウィッヒ教会合唱団 他 (1998/02/25)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

「シューベルトミサ曲ミサ曲第6番変ホ長調D.950 」

1. ミサ曲第6番変ホ長調D.950
2. 水の上の霊の歌D.714
3. 詩篇23「主は我が牧者(ひつじかい)なり」D.706
4. ゴンドラの舟唄D.809
5. 森の夜の歌D.913

ご存知シューベルトのミサ曲です。夜になるとこんな音楽をながらで聴きます。ミサ曲5番もお薦め♪笑っちゃうけど・・・演歌・浪曲・歌謡曲!?以外は、色々と聴きます。クラッシック音楽は、母が好きで家中に溢れていた音楽なので全く抵抗ありませんね。jazzも聴きます。

さて・・・・貴方なら、どんな音楽をチョイスしますか?


Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/904-2a88633a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。