上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、珍しくROCKのCDのご紹介では無くて、私の大好きなジャンルでもある女性ボーカルです。
女性と言っても・・・どうも、私は少女の無垢な声やそう・・あのウィーン少年合唱団の魅惑のピュアボイス系も大好き♪なのでした(笑)

実は、私は数年前・・・仕事の多忙さ・人間関係による精神的ストレスで精神的にバランスを崩していた時期がありました。
突然・・・はらりと涙(;へ:)したり・・・朝も起きれず会社を休んだり・・・と、今では嘘のように元気な子ですが人にも逢うのも嫌なくらい引きこもった生活をしていた時期がありました。

おのずと、そういう精神状態ですので聴く音楽も従来のヘビーなROCKが大好きだったのに全く聴けない状態で、大好きなFloydすら聴く事も出来ませんでした(;へ:)
そんな時・・・一人旅したイギリスになんの目的も無く立ち寄ったCAMBRIDGEのCDショプで購入したのが、このヘイリーのCDでした。

heyley1

女の癖に・・・(^З^)ぷぷ・そのかわいいお顔とケイト・ブッシュの「嵐ヶ丘」のクレジットに惹かれて購入しました。ヘイリーの声って・・・なんだか、ボーイソプラノみたいな声だな!?って感じるのは私だけ?まるで・・・汚れを知らない天使の声です♪

お薦め度★★★★半

あんなに好きだった音楽も聴けないくらい・・・気力が落ちていた私が癒されたのは、数枚のクラッシック(特にバロック音楽のリュートの音色やグレゴリオ聖歌)とこのヘイリーちゃんの声でした・・・・(;へ:)

heyley2

その時のレシート(私は、旅の想い出にこまごましたものまで取っておきスクラップします^^;)約・・・7ポンドでした。

heyley3

「PURE」より/2003年世界デビューのアルバム1987年生まれなので、当時は15~16歳。先日ご紹介した、フレンチポップスのELSAも13歳位でデビューしている美少女ボーカルですね(笑)
私が、一番好きで初めて聴いた時に(;へ:)した「Never Say Goodbye 」(ラベル/亡き王女のためのパヴァーヌ)と「AMAZING GRACE」は美しい曲です♪

しかし・・・人の声というのは、どんな楽器よりも勝ると実感したのは、最初・・・とても行くのが嫌だった3代テノールのホセ・カレーラスさまの生コンサート。大枚4万円も(母持ちです^^;)するコンサートなんて、私には「きちがい沙汰」なお値段(>_<)しかし、その歌声は確実に本物でまるで楽器のように正確に奏でるメロディーなのです。
ご本人が白血病と闘いながら・・・人間の限界までと思われる音域まで訓練された声・・・本当に素晴らしいコンサートでした。
ヘイリーのピュアな声も、声の素晴らしさ以上に幼いながらも非常にトレーニングを積んでいる本物の声(楽器)にすっかり、魅了され癒されていた自分がそこにいました。

ベルベットやシルクの真綿で(音に)くるまれて居るみたいな感覚・・・

先日・・・偶然、仲良くして頂いているyanksさんの所でヘイリーの新譜についての記事を見かけてセカンドアルバムである「ODYSSY」を購入するきっかけを作って頂きました。
一枚目よりも、さらに確実に歌唱力がパワーアップしていてこれは、多分三枚目も購入する事になるでしょうね♪

odyssey

進化するピュア・ヴォイス 少女から大人へのODYSSEY ― 遍歴 待望のセカンド・アルバム!

お薦め度★★★★★

カッチーニのアヴェ・マリア・クラシックの名曲をアレンジした楽曲や、ポップなオリジナル曲、大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』の主題歌として話題となったエンヤの「メイ・イット・ビー」やジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」といったカヴァー曲やアンドレア・ボチェッリとのデュエット曲も収録 されています♪

アンドレア・ボチェッリも、私はとても好きで良く聴いていました。
この方は、イタリアのワインメーカーキャンティの御曹司ですが幼い時にサッカーによる怪我で失明して、弁護士になり成人してからテノール歌手になるという経歴の持ち主で、歌い方が他のテノール歌手と違い素直でピュアな所がお気に入りです。パバロッティーのように大袈裟ではないアヤの(笑)つけない素直な歌唱が好感が持てますし疲れないです。

アンドレア・ボチェッリ・・・・私の一番のお薦めはヴィアッジョ・イタリアーノ [Limited Edition]

イナバウアーで某スケーターが使用し有名になったプッチーニの「誰も寝てはならぬ/トゥーランドット」や「アベ・マリア」「あなたに口づけしたい」(デイ・カウパ)「プジッレコの漁夫」などが、いいです♪

ヴィアッジョ・イタリアーノ ヴィアッジョ・イタリアーノ
ボチェッリ(アンドレア)、ロシア芸術アカデミー合唱団 他 (1999/04/21)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る

お薦め度★★★★★



Hayley公式サイト(試聴も出来ますよ♪) 

Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/888-427d548c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。