上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


GWフェリーの旅の続編の予定でしたが、昨日公開されたこの映画を観てきましたので(笑)
話題が、タイムリーな内に記事をUPすることにしました。(*^。^*)
            DSC04298.jpg


>謙さまの迫真の演技の後姿。またまた....好きになりました(もう少しお年の方が私好み)(笑)

これは、確かに劇場用の映画ですが......
映画的な要素はおよそ私的には皆無と思いました。
なぜならば、プロディューサーまでかって出た、渡辺 謙さんの演技があまりに迫真の演技で
観る者を其処に居る私達をまるで某国営放送のドキュメンタリーのように画面に、台詞である
出演者達の言葉に感情移入してしまうのでした。

若年性のアルツハイマー病に冒されていく広告代理店勤務のバリバリの管理職の男に襲った
突然の悲劇、またその妻も同じだ......。
まともなはずの知的レベル、知識、直感、感性、記憶力も他の人より勝っているとも思っている
人間にとって、交通事故にあうよりどれ程悲劇か?いつ何処でその記憶が途切れて行くか....
分からない恐怖、いつ?自分が自分自身がマッチの火のように燃え尽きるか分からない
今まで、懸命に積み上げてきたものはなんだったのだろう?!受験・就職・出世・恋愛・結婚・
子供の誕生等、人生を50年近く生きてきた人間への神様はこんな理不尽な形で与えられた
試練なのか?

自分が自分じゃなくなる恐怖って?!誰しも、想像できないですもん(;へ:)

男は診断が下った時に、発作的に病院の中の階段を昇り屋上に行きます......分かります
自殺したい気持ちになります。誰だって......
その後、妻に一言....『俺が変わってしまっても、俺が俺じゃ無くなっても平気なのか?』
妻は、夫の手を握りながら『私がいます。私がずっとそばにいます』しかし、現実はあまりに過酷
にこの夫婦の築いてきた絆まで毟り取っていくことに.....。
これから、あんなに努力し、苦しんだ人生が崩れていくだけ....シャボン玉のように消えていく
だけを待つのが、正気(今は)の人間にとってどれ程苦痛か....その内、自己の命の存在すら
愛していた妻の存在すら認識できなくなる.....こんな形で人生終えたくないと誰もが思うはず。

しかし....時間というものは、静かに訪れ、容赦無しに彼の人生の記憶を奪って行くのでした。




少なくとも、認知症には、殆ど無関心で何の見識も無い私が見た初めてのショッキングな映画で観終わった後......えも知れない喪失感にさいなまれてしまった問題作です。
危機(人生の岐路)に立った時に、初めて夫婦というものの本質が問われるし、どれだけ愛する
人の為に支えになれるか?忍耐し、自己犠牲して尽くしきれるか?改めて人間は一人では、
その存在が光らないし、磨かれないものなのだとも思いました。

ネタばれになるので(笑)ここら辺にしておきますが......
渡辺 謙さんの日本語の発音の美しさにも感動しました。
樋口 可南子さんの、抑えた演技がまたまた素晴らしかったです、改めて凄い女優さんだと認識致しました。(笑)

最近、多いんですよね~ドラマ、映画を観ていても聞き取りにくい発音の俳優&女優さんが(笑)

いかに、生きて行くということが、個人個人にとってそれぞれに過酷なるものか考えさせられて
しまいました。

原作も是非!読んでみようかな~と思いました。

DSC04295.jpg


>北国もやっと桜開花です。私は、来週、静内方面の牧場にお馬さん達に会いにいきまする(笑)
そこは、日高ケンタッキーも社台ファームもご近所さん。牧場の朝は早いです(笑)知ってますか?お馬さんは、立って眠るんですよ~♪お金があったらお馬さんと一緒に暮らしてみたい(笑)ダコタ・ファニングの『夢駆ける馬 ドリーマー』は、馬好きさん必見ですよ♪
しかーし、邦題が良くないですね~(><)(爆)

DSC04300.jpg


>我が家のさくらんぼの木も沢山、花が咲いてきましたので(笑)8月にはいっぱい、収穫できそう♪


Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/79-fd352ff3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。