上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


私は、実は黒澤 明監督の映画が好きである......
好きな作品は、初期のものと最期のものとで真ん中の作品には余り興味が無い(笑)
一番好きなのが、あの三船 敏郎演じる『酔いどれ天使』『七人の侍』と『椿三十郎』『雨あがる』
(シナリオが黒澤)である。

『雨上がる』の剣の達人ゆえに強すぎる事にコンプレックス?!を持ち失敗してしまい仕官の道が
なかなか開けず妻と二人で(また、この夫を暖かく支える妻も良かったぁ~)旅をする姿を、
日本映画俳優界の重鎮『宇野 重吉』の息子である『寺尾 聡』が演じており私の大好きな役者さんの一人でもあります。

私は、団塊の世代の男達が好きだ!今はもう死滅仕掛かっている日本男児はこの世代で終わると本気で思っているのである。(或る一人の男性を抜かして、だが(笑))

この、小川 洋子原作の『博士の愛した数式』は、実に『雨上がる』と似た臭いの作品である。
監督が、同じ監督なので同じ臭いで当たり前だが私は、やっぱり!大人の寺尾 聡が好きなのである。
            DSC02764.jpg


正直.....私は数学が苦手な子だった(笑)故に、文系学部を選択した数学負け犬組(爆)であるで、あるからして『博士の愛した数式』???!!!なにぃ~もしかして『フェルマーの最終定理』とか?

              皆さんも、ご存知!!ピタゴラスの定理のx2 + y2 = z2


(直角三角形の、直角をはさむ二辺の長さの2乗は、斜辺の2乗に等しいってやつです。)
これが、3以上の自然数nに対してxn + yn = znを満たすような自然数X、Y、Zはない。というもの。
要するに2乗以外の、3乗、4乗、5乗・・・を満たす自然数解が存在しない...何たらカンたら...しかも単純そうな問題が、なんと!!300年も証明できず、世界中の数学者が悩み苦しむことになったあれ??ですかぁ~と思ったら違ってましたね~

(1993年のワイルズによる、証明→欠陥発覚→1年後の証明の完成されてますけどね.....

(10年も掛かって計算し、証明するなんて!!根性ですよぉ~(><))

DSC02765.jpg


私が、一番映画で印象に残ったのは、交通事故で訳ありの義理の姉と一緒に負傷し、天才的な
数学者だった博士が80分しか記憶が残らないと言う脳に障害を持つ訳で....
其処へ深津 絵里演じる若き未婚の母の家政婦が派遣されるのですが、博士には彼女は毎日
会うけど違う人なのです。

それを、家政婦はまるで幼稚園児にでも接するように優しく、大らかに博士に対応する所や、
ある日、博士の時計に刻まれた数字(284)と家政婦の誕生日(2/20)二人のこの数字が
『友愛数』になる所.....


『見てごらん、この素晴らしい数字の一続きの連なりを。
284の約数の和は220。
220の約数の和は284。 
友愛数だ。
神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。
美しいと思わないかい?
君の誕生日と、僕のこの手首に刻まれた文字が、
これ程見事なチェーンでつながりあっているなんて 』

 
*2/20は実は、私のお誕生日で....博士の言葉に、単純にそこで私は感動してしまったのです(爆)
後に、家政婦の息子のルート(博士がなずけた名前)は数学教師になり、赴任先の授業で何故?!自分が数学教師になったか?!を生徒に説明する『数学談義』で映画は進行していきます。

 


自分の記憶のことで日々精一杯な博士は、子供に対しては思いやりがあり大人として責任みたいなものすら感じていて(ここら辺が面白い)父親の居ないルートを慈しみ、ルートもまた博士の愛情に答えるわけですが.....昔は、こうゆう大人がいっぱい居たような気がします(笑)
近所の、おばちゃんやおじさんも自分の子供もよその子も同じ位大切であり、心配してくれる.....『ALLWAYS』みたいな感じ(笑)今は....自分の子さえ無事なら関係無しって人多いです。
だから、変な事件が多いのかな??自分がされて嫌なことは他人にもしない事!!尊重の心や昔、日本人が持っていた敬う心が無くなりつつあるのだと思います。
父親のいない家政婦の子供を不憫に思う気持ち、今の大人達には無いかな??(笑)
ルートは子供ながらに博士を真っ直ぐ見つめ、労りの気持ちすら持っています。
此処の所が、この監督の演出の真骨頂でしょうか?
数式すら暖かくロマンチックに(数学嫌いの私にも)感じられるほのぼのした作品になっています。
私は、これから原作を読みますが、さて?!皆さんはどうなさいますか???

数学って、閃きと直感と豊かなイマジネーションが必要な学問であって感受性の豊かな人間じゃないと?出来ない学問だったんですね~~ゞ( ̄∇ ̄;) dだけど。。。。やっぱり、私は数学負け犬組です(笑)

Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/771-6b75ede5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。