上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dsc04894.jpg


小学生の時から・・・・大好きだった・ジミ・ヘンドリックス


本名はジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス。 
もし、今現在・・・・生きていたらジョン・レノンより2つ下。クラプトンよりは3つ上で団塊世代。
キューバマフィアに稼いだお金を全部吸い取られて、挙句に薬漬けに(麻薬)されて 若くして
死んじゃった天才ギタリスト(;へ:)
子供だったんだろうね~利用されつくして捨てられたって感じ。

クラプトンも麻薬更正施設に入っていた事あるし(麻薬って脳みそがボロボロになるのにね~ 以外と、地道に長生きしてますね~(^З^)ぷぷ・)

昔、兄が東京の大学に行ってた頃、コンサート何回か見たらしいけど途中で切れて(爆)
帰っちゃったこともあるらしい....人間って、成長するんだね(苦笑)


ジミ・ヘン....この人を見て、子供心に黒人ってかっこいい!!と思った。
フィードバックする演奏法を始めてやった人。イギリスでデビューしてますが


本当は・・・アメリカのシアトル出身。
DVDで、コンサートの様子を見るとギターをめちゃめちゃに 壊しているシーンが沢山ある。(笑)
時には・・・火をつけて燃やしてみたり(正気の沙汰では無いですね~~(苦笑)でも、お辞儀したりしていて結構・・・礼儀正しいの(笑)


バックバンドも、ジミ・ヘンはアドリブで演奏する人なので大変だったそうな(苦笑) けど....
所謂、ブルースや黒人音楽じゃなかったので同じ人種からも妬まれていて 結構、孤独な人だったみたい(そういう所が目元に表れています(;へ:)

ガール・フレンドも今じゃ当たり前だけど白人の女の子達ばかり....
バックバンドも勿論、白人。 ROCKは、白人の物だった時代の異端児。
その・・・孤独で寂しげなギターや瞳・声・生き様・・・今でも忘れられないギタリスト


ジミ・ヘンドリックス。

img068.jpg



そういえば、私も顔が余り日本人っぽくないって小さい時、良く苛められた(苦笑)
小学生からROCKを聴かされていたので(笑)同年代の子達とは(特に女の子)全く 話が合わなかったし、友達も少なかった。(作ろうとも思わなかったのかも知れない)
人は、自分と違うと何故?排斥したくなるのだろう....自分と違う個性だから?!
お互い、勉強になるし教えてもらえること沢山あって世界が広まって楽しいのにね♪
逆に....私は、個性の無い人は全然興味ないですけどね。 
もし、ステキな人だったら....勇気を振り絞って「お友達になって下さい(。-_-。)。。o」 って、素直に声かけちゃうな(笑)

ほんとうに、よその大学生に(女子大生)に比べると硬派だった。
合コンも断り続けていたし....男の人が恐かった時代。いつも、ボっーとしていて 節目がちな孤独で無口な女の子だったが、今の自分が当時では考えられない(苦笑)逆に男性が逃げ出すかも???よ(>_<)

そう...凄い音楽の選曲のセンスのいい人とか、世の中には私の知らない事知っている 凄い人がいます....
そんな人に出会えたら、本当にお勉強になりますよね♪
その人が選んでくれた音楽は全て耳触りがよくて、好みだったりする...
そんな不思議な体験もしましたね~(笑)

パープルやレインボーのリッチーも我ままな事で有名(笑)何度バンドを解散したことか?
この人も、今何してるんでしょう?

でも....なんか、70年代や80年代の音楽が好きですな。
今の音楽の基礎だもんね~やっぱり、サイケデリックなヒッピーぽい音楽が好き♪
ウッドストックとか、イギリスではワイト島とかで大掛かりな音楽フェスティバルが流行っていた....

そういえば、もう一人大好きだったゲイリー・ムーア  何処に行ったのだろう????
油絵で、サイケなジミの肖像画をかいて兄貴の友達に3千円で売った事後悔してる(;へ:)
この人は、元米空挺部隊の隊員だったのです除隊してからミュージシャンになったらしい。
(空挺部隊って、結構エリートですね・・・・)
そうそう....ジミ・ヘンやドアーズとかCCRなんて、もろベトナム戦争の イメージだもんね~(><)
90年代中頃はフレンチポップスやクラシックやJAZZ を聴いていたので間がぶっ飛んでます(><)
この時代が、好きなのかもしれない最近「地球の上に生きる」という1972年に書かれた ピッピーのバイブルみたいな暮らしの本を購入したけど、これぞ元祖?スロー・ライフ じゃぁ無いの?もう少し早く生まれたかったな。(笑)私。。。絶対!ピーしてたと思うよ♪
山折 哲雄じゃないけど「乞食の精神史」の中の折口 信夫が研究した「マレビト」(所謂、乞食の定義みたいな物を民族学的見地から分析してみている面白い本で歴史や当時の価値観の勉強にもなります。)

男だったら、一度・・・こういう放浪の旅もしてみたかったね~~~(笑)
嵐山 勘三郎や妻・・夏目 雅子を白血病で亡くしてから放浪の旅をしていた伊集院 静とかね・・・「乞食の精神史」については、その内BOOKコーナーでご紹介したいです。

       男は、女より繊細な面があるもん....ジミ・ヘンも繊細そう(;へ:)


img067.jpg


                 一番お薦めのアルバム。所謂・・・ベスト物。

「紫のけむり」のイントロは超~~~♪カッコイイ(今現在でもこの曲のイントロやギターフレーズに勝る曲は無いでしょうな)・・・・けど、私は、「LITTLE WING」や「ALL ALONG THE WATHTOWER」(これは、元トラッフィックのギタリスト・デイブ メイソンもアコギとベースで録音に参加している)
D・メイソンさんも哀愁の渋いギターで好きだった・・・・な♪ 「VOODOO CHILD」
(これは、映画「ブラックホークダウン」で兵士が出撃するシーンにも使われておりました。

「ヘイ・ジョー」「風の中のマリー」なんかもいいですね。
レニー・クラビッツなんかも?!ジミ風のサウンド真似てますけど声に迫力無いかな??(笑)
「ANGEL」などが昔から好きです。「LITTLE WING」は、先日ご紹介したTACK&PATTYがカバーしたりしている名曲です。

         なんと言っても....私は、ジミの指がSEXYだと思うし、声も大好き♪

        オランダには、物凄~~い熱狂的なファンクラブがあり、今でも活動している。

             余談だけど。。。。以前の会社のオジサン(リアル世代?!50代)

               「俺ってジミ変?!」と酔った時に

       連発していたっけ(笑)(^▽^;)おいおい・・・・分かるけどベタだよぉ~~~(苦笑)

                   今じゃ。。。。ジミを知らない人でも知っている

            「おやじギャグ」?!(^▽^;)あはっ


                              お粗末でした





      ジミの全てが分かるカッコイイHP見つけました♪

Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/735-e7a0087c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。