上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dsc02597.jpg

>夜の渋谷。


先日、新聞を読んでいたら.....こんな言葉がありました。
         「私と仕事とどっちが大事?なの??」
(^З^)ぷぷ・ この言葉を言われて「どきっ」とする方は、この一言で彼女・奥様と別離の経験あり?!ですな?(笑)

実は.....これは、皆様女性が男性に言われる言葉と思っておりませんか?(私も同感でした)
  「男心がわからん(笑)女のとどめの一言」と思っておりましたよ~(笑)
しかし、以前お付き合いしていた男性からこの同じ言葉「俺と仕事とどっちが大事なんだ?」と私も
このとどめの一言を言われた経験があるのです。(>_<)



うーん....男だったら?特に世帯主さんだったら?奥様にこんなこと言われちゃうと困りますよね?(笑)だって、今の資本主義・能力主義経済の根本が生産性のあるお金を生み出す人間が企業では評価されます。
恋人や旦那様に都合のいい時に、お金貰ったり生活(扶養してもらったり?)させてもらってるのにおいおい....「誰の為に休みも自分の時間も犠牲にして働いてると思ってんだよぉ~~(怒)その言葉は無いだろぉ~お願いだからその言葉、オブラートに包んでおけよぉ~」ですよ(>_<)
今の世の中、働いて「報酬として賃金を貰わないと生活していけないシステム」なんです。ハイ♪ 市場原理がそうゆう事なのだと理解していないからそんな甘い言葉が出るのか?
それか、恐らく死ぬほど仕事というものにとことん関わっていない?責任とはどうゆう事か
知らない・知ろうともしない?分からないからそんな言葉が出るのかな?と思います。
社会で生活する事と愛情は全く別個の価値観のものでしょうが。

私は、セクハラもされ男性にも仕事で落としいれられた経験が在るけど(苦笑)やっぱりね
男の人の能力のある奴は凄い!!!と(素直に尊敬するし)実感しておりますよ♪
女の私がどれだけ努力しても、私にはその度量が無いのです(笑)中には例外の男性もいるけどね(>_<)


でも...私は、女性を下に見るタイプの男性は一番嫌いなタイプですね。(笑


しかし、男性にこの言葉を言われてしまった私は?困ったちゃんですかね???(苦笑)
そうです....私は、仕事人間です(ある意味ではね♪)って、いうか責任ってあるでしょう?
人間は、どんなに見かけが幸福そうでもそれぞれ痛みやしがらみを背負って生きています。
女の私だって、健康保険や厚生年金等自分で払い(給料から満額引かれますね~サラリーマンと同じです)なにより、自分自身で選んだ道です。

ゆめゆめ....お家に働かないで生活出来て(笑)旦那様にそんなこと言っちゃダメですよ~(笑)だって、女性正社員で「過労死」した?!って聞いたことありますか?(笑)
だって、男は生活の為家族を支え?(思い込む?)に一生懸命働く素直な心優しい人なんですから~(笑)そうゆう意味では女の方が「したたか」かな?(苦笑)
しかし・・・現代社会では、成長神話も崩れ社会の構造自体が変化しているのに結婚して家庭を持ち家を購入して、判で押したみたいに?!子供も2人作り(控除率が高いから?(笑)社会の引いたレールを鵜呑みにして歩まされて来ていた過去の人達.....の話。
もう...社会の機構から言って、男性が一人で責任を担っていける時代ではないのです。
これからの世の中「増税」が進み恐らく一人の男性が一家を支えていける時代では無くなると思います。
結婚して住む家を貰い社会的地位も与えて貰えるそんな時代は終わってしまったのだと思います。
寂しいから・仕事を辞めたいから「結婚」では、絶対失敗します。そこには主体性という物が無いからです。そして・・・・男性も、ご飯が食べたければ自分で作ればいいのです。(笑)
           男女の形も時代と共に変化しているのだと思います。
         私は、結婚や愛情と仕事は全く別個のものだと思っています。

例えば、現実に子育てしている時期・・・主婦である時代もあっても勿論良いのです。
でも、最終的に自分の力で食べて生活していける自信みたいなものも人間の尊厳として持っていた方が良いと思うのです。旦那さんの社会的地位はあくまでも旦那が築いた物で勘違いしている奥様族もいますね(笑)私は、そういう女性が一番かわいそうと思っちゃいますね~(笑)って、云うか付ける薬無しです(T◇T)
                 「少子社会」はもっと現実はシビアです。
今の若い人は生活のランクを下げてまで子供を持ちたいとは恐らく思わないでしょうね?
           ある意味とっても自分を知っていて現実的なのです。(笑)
自分と同じ学歴やそこそこ自立させれる仕事に就かせる為にははっきり言って公立の義務教育では子供の進学さえもままならない「格差」が進んでいます。

「格差」を無くす「少子化対策」なんて、文部省や厚生省が描いた「絵に書いた餅」でしか無いのです。どうして、政府は此処まで来ても分からないのでしょうか???
女性が結婚しない・子供を持たない・家庭にどっぷり漬からない・扶養に入らない・これが現実の数値として、数が年々増えているのがその「答え」だと思いますがね~(苦笑)

出産費用を助成しても同じですよ~細かいことは此処では書きませんが130万の壁とかね(>_<)女性の社会進出を拒み...また「出産」=「リスク」になっちゃってるんだから~(笑)

       ある意味?(笑)「高度成長期」のサラリーマンは、


       奥さんが家庭をキチンと守り男は「家庭」を帰り見ずに


     仕事に没頭出来た環境だったから経済成長したのかもね?(笑)

しかぁ~し♪家庭のことをいちいち心配してるような男じゃ出世は無いと思うしね~ww(笑)
だけど、そこそこ会社で物を言う・通そうと思えばそれなりに処世術も必要ですね。
ニートなんて!!豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ!!と思いまする。(>_<)
大人になると言う事.....社会に出るということは「責任」が伴うと言う事を家庭でキチンと教え込むべきとも思う。

       「恋愛」もそうだね....安直に人を好きになったりするのはどうかとも思う。
責任が取れないのなら人を好きになったりしてはいけないのかも知れないね....。(;へ:)
恋には、責任が伴わないけど愛には責任が伴って来るということでしょうか?!
其処に生活が少なくとも伴うのであれば、お互いに我慢する事も必要だし嫌な面もあれば犠牲にすることも発生するとでも言う事でしょうか?人生は「正と負の法則」が在るといいますがまさにそうですね♪
夫婦と言うものは、二人の愛する子供を共同作業で育て育む・共通の財産も二人で構築して行く訳です。

    私の中では(笑)ね....「専業主婦」=「勝ち組」なんですよ♪

簡単に「離婚」なんか考えちゃいけないと思うのです。「結婚」なんて、努力しなければ誰としても同じです。
結婚は、惚れてするのが前提だけれど・・・一緒にいて?!雅子妃のように病気になるような相手なら問題は別ですけど(笑)
このようなケースの場合は、其処の環境から離れないと絶対に病気は完治しません…(・∀・;)
しかし相手も、自分に対して不満や嫌なところは何処かしらあるのですから....ね。
お互い、尊重しあい努力しないとただの恋愛は3ヶ月位で冷めますけど(苦笑)上手く交す?
耐えたりする事も必要なのかも知れません(>_<)
ある意味、どんなに好きだった人でも愛は冷める時がくるし「結婚とは我慢大会なのかもしれない(爆)」
昔の彼に「男と女は分かり合えない、だから分かり合おうとするのが愛だ」と気障な事言った人がいましたが.....(^З^)ぷぷ・

仕事でも、恋愛でも徹底的に異質な存在ときちんと対峙して向き合うことも時には必要だ。
そういうことを常に逃げている人が、ニートになったり社会に適応できなかったりするのだと思う。私は、50近くてもそういう人を見たことがある。所属の欲求が満たされず常に自分が不幸で在ることを売り物にして、他人に同情を買おうとする・・・・そんな男の妻は堪ったもんじゃない(笑)所謂、執行猶予(モラトリアム人間である)回りに甘えて生きてきた付けはやはり最終的には自分に回ってくるのにね。やっぱり男は(女も?!)仕事だと思う。

     そういうことから逃げてる人は自己成長しないと思います。
(女性の場合は、子育てかな?一所懸命子供を慈しみ育てる姿は、強いし美しいと思いますし自己犠牲の世界ですもん)
    大人がこんなぁ~状態じゃぁ子供も病んでくるのは当たり前なのかも知れないね。


「自分なんて!一体何様??」ちょっと位プライド傷付けられたからって何?!(笑)そんなことで
人間死にやしない(笑)あの、戦記物の庶民や兵士の生活からみたら自己主張の天国ですよ♪現代は。好きなことを仕事にしている人間なんてごく僅か・・・・お金を貰う仕事と言うのは嫌な事の方が多い。
人間....人生一度や二度は潰れる程の辛い経験もすることがある。しかし、また其処から這い上がるのが、蛹から蝶々になるべくその人の真の姿。

そうやって、辛かったり泣いたり、プライド捨てたり(笑)涙が血となり汗となり一皮剥けて幾つになっても成長するんだよ♪人間って。貴方も同じ♪(笑)

                     でも....           


         結局....許せるか許せないかの問題で、


            これもまた「正と負の法則」ですな?(笑)

Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/636-55933bff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。