上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は軍事ものです。

『ブラック・ホーク・ダウン』
アメリカ映画。
監督リドリー・スコット 
音楽ハンス・ジマー

最近見た、ミリタリー映画の中では『フルメタル・ジャケット』(監督スタンリー・キューブリック以来の
印象的な映画。
1992年から94年に掛けてのアメリカ主導のソマリヤPKFの実際にあった話で、劇中の兵士の(デルタ・フォース(陸軍のエリート)とレンジャー(陸軍))の登場人物の名前と階級は実名になってます。
しかし、戦闘シーンが『プラトーン』並に沢山有ります。血が駄目で心臓の弱い方はご遠慮(笑)下さい。アメリカのデルタ・フォースやレンジャー部隊が主人公の映画ですが、今、イラクで行われてるであろう
市街戦の恐さを.....劇中で体験できます。
言語の分らない土地で、何処から玉が飛んでくるかも知れない恐しさ.....

民間人や民兵か兵士なのか(女、子供も居るので)誰が敵か見方か分らない状態の恐怖。

作戦名“アイリーン”で上層部は5~6時間で制圧の予定が....ブラック・ホークが(スーパー61)が迫撃砲で墜落させられ、取り残された操縦士“デュラント准尉”らを救出すべく...物語は厳しい状況に展開して行きます。

(武器はソビエト製のAKやソビエト製のRPG7で、*ソマリヤはアフリカの東部にあり「アフリカの角」と呼ばれている。69年以降のクーデターによりバーレ政権時は社会主義を装いながら・・・独裁政治を継続しておりその時代、米ソから支援された武器が各地に点在する事になるその時代の米ソの武器がPKFで派遣された米兵を苦しめることになった)

『LEAVE NO MAN BEHIND』のサム・シェパード扮する、ガリソン少将の一言で“デュラント准尉”と、他2名の救出の為の作戦に変わって行きまが....犠牲になる若者が多数出てきます。
(予備役の新兵が一番最初に死亡する)ここら辺がとても、やりきれない気分になってしまいます。
小さな子や家族、恋人...皆、私達と同じ愛しい人が国で待っているのに、兵士という職業の悲劇です。
クリントン政権時に本当にあった話で、rokoはディスカバリーチャンネルで後に 本物の映像を見てしまいました。
スーパー61の乗員2名が(既に遺体となった)ソマリヤ人に全裸にされ町中引き回されてる映像を...

『ヤンキー ラブズ ウォー』を最近読みましたが、アメリカと云う国はあちこちに知らない間に軍事介入してるんですね。ε=( ̄。 ̄;)AフランスやEU加盟国なんかは最近、アメリカと一線引いて来てますが、日本は既にアメリカ軍の一部として組み込まれつつあるのが現状でしょうか?
おフランスは、中国なんかに兵器を輸出しているし、ベルギー・イタリアなんかも拳銃メーカーの老舗があります。 (ベレッタとかコルト社とか)
      
            しかし....男の映画(笑)ですね.....(。-_-。)。。o

DSC00931.jpg

                >>主演    ジョシュ・ハートネット
                (所謂、この髪型がレンジャーカット)



ちなみに...陸自とかは銃口を下にして構えないらしいですね。アメリカ軍は銃口は必ず下に向けてます。(銃の構え方、違うんですね)
俳優さんも本物のレンジャー部隊に合宿し、武器の使用法等訓練受けてるそうです。
戦闘シーンの音がとにかく『リアル』です。コレは後で音だけ録音するプロが居るのですが...銃声も多分本物らしいです(詳しい人の話では)ブラック・ホークはやはり本物を借りて撮影しています。
軍(アメリカ国防省・ペンタゴン)にちゃんとハリウッド映画用の広報課があり、そこに要請して撮影協力等しているらしいです。

ブラック・ホークは日本ではSH-60Jと言って海自で哨戒機の機能を付けて船に搭載しているらしいですね。
ブッシュ大統領が来日した際、京都新迎賓館に来た時乗っていたのもブラック・ホークでした。市街戦の作戦に向かう時に何故かROCKを大音量でガンガン掛けて出発するのですが、ここら辺がアメリカ人的だなぁ~と思いました。ちなみに....ヘビメタ系ROCKは、よく分りません(笑)
サムシェパードも渋くて良いけれど、フート役のエリック・バナがタイプです。『TROY』にも出演ししてます。

『TROY』のDVDみると、必ず途中で爆睡してしまうrokoさんです。ブラピがあまり好きじゃないんで(爆)
声がハスキーB 過ぎるため?!会話が??よく聞き取れないのが残念!!)
ハリウッド映画って、何でも職業になるのです。元海兵隊員で軍事演技指導を映画専門に職業にしている人達が居るのです。(企業のTOPやセレブ等の護衛等も、この辺の出身者が多くて(^▽^;)無事除隊しても、タダでは転ばないって、事ですかね???(笑)



>しかし、お着物姿と記事のギャップにビックリ!する方もいるようですが(^З^)ぷぷ・
 こんな、着物好きのBLOGもあってもいいんじゃないですか???(爆)

 ソマリア情勢についてこんなサイト・・・・ご参考まで 
Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/386-d34a016f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。