上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは、大東亜戦争時代を特攻隊員として若い命を散らした方々の絶世の句と遺書です。
ごく一部ではありますが、只これを先入観のない静かなお気持ちで......
読んでみていただければと思います。


「遺言」

僕はもう、お母さんの顔を見られなくなるかもしれない。
お母さん、良く顔を見せて下さい。
しかし、僕は何も「カタミ」を残したくないんです。
十年も二十年も過ぎてから「カタミ」を見てお母さんを泣かせるからです。
お母さん、僕が郡山を去る日、自分の家の上空を飛びます。
それが、僕の別れのあいさつです。



茂木 三郎一飛曹
神風特攻隊 第五神剣隊。
昭和20年5月4日 鹿児島県鹿屋(かのや)基地より出撃 戦死。   享年 19歳





我があとに続かんものは数多し   固く信じて  特攻は征く

渋谷 健一郎 大尉
第六四振武隊。
昭和20年6月11日 反世より出撃 戦死。      享年30歳




「所感」

空の特攻パイロットは一器械に過ぎぬと友人が言ったのは確かです。
操縦桿を握る器械、人格もなく感情もなく勿論理性もなく、
只敵の母艦に向かって吸ひつく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬのです。
理性を以て考えたなら実に考えられぬ事で強ひて考ふれば
彼等が云う如く自殺者とでも云いせうか、
精神の国日本に於いてのみ見られる事だと思います。
一器械である吾人ハ何も云ふ権利もありませんが唯願はくば
愛する日本を偉大ならしめん事を国民の方々にお願ひするものです。




>上原 良司 少尉
第五六振武隊。
昭和20年5月11日 鹿児島県知覧より出撃 戦死。   享年22歳
姉妹の皆さん、
いよいよ本当にお別れ
今でも例のごとくギャ~ 皆とさわいでいます。
哲学的な死生観も今の小生には書物の内容でしかありません。
国のため死ねる喜びを痛切に感じています。
在世中お世話になった方々を一人一人思い出します。
時間がありません。
ただ心から有難うございました。
笑ってこれから床に入ります。

オヤスミ





あんまり緑が美しい
今日これから
死にいく事すら
忘れてしまいそうだ
真っ青な空
ぽかんと浮かぶ白い雲
六月の知覧は
もうセミの声がして
夏を思わせる。



作戦を待っている間に





小鳥の声がたのしそう
「おれも今度は小鳥になるよ」
日のあたる草のうえに
ねころんで
杉本がこんなことを云っている


                                  わらわせるな



林 幹二少尉  
第一六五振武隊。
昭和20年6月6日 知覧より出撃 戦死。        享年22歳。



   

以上、 工藤 雪枝著 「特攻へのレクイエムより」 (中央公論社)



DSC03327.jpg

海ゆかば水漬く屍(しかばね)

山ゆかば草むす屍

大君の辺にこそ死なめ

かえりみはせじ



(亡くなられた特攻隊員の方々がよく歌われていた歌です。)





亡き人の今の際の足跡を
遺し給い知覧恋しく



(特攻して散った恋人を60年間想い続けているある女性の恋人を偲んだ歌です。)



教育も御空も共に国のため



その方の恋人の 林 義則 陸軍大尉
昭和20年4月22日 鹿児島県知覧にて出撃 戦死。    享年24歳

(林 義則大尉は、教育者になるのが夢だったそうです。)


宮本 雅史著 「特攻」と遺族の戦後 (角川書店)より。
この本の帯には、私の大好きなキャスターの桜井 よしこさんのコメントが寄せてありました。

『この人たちへの感謝なしには、日本人は戦後の繁栄と幸福を享受する資格はないとさえ想う。』

桜井 よしこ


戦後、黙って耐えてこられた遺族の方や殉職された方々英霊となられた方々のご冥福をお祈り致します。



Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/171-c6873bf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。