上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




*********桜満開の松山城

DSC05661松山城 天守閣

四国での旅日記・・・・まだまだあります^^;
とにかく、写真を選ぶのが大変です。
まぁ~~あんまり楽しみにしている方も居ないとは思うのですが・・・
一応、順次UPして行きます(苦笑)

ちなみに高速道路で移動なので殆どお洒落なスポットへは行きませんでした。
人様の車を借りてて・・・道に迷いながら運転して車をぶつけたら大変ですからね(>_<;)
(私・・・数年前に田舎から出てきたcafe巡りの人に新車をぶつけられた経験あるので)
それと、相方はいい大人の男なので可愛いとかのスポットは苦手
(四国はゴルフ滞在ですが7度目で・・・あんまり感動も薄そうですが・・・
でも、私の為にせいいっぱい我慢してくれているのだと思いました(笑)







DSC05603かわうそ市DSC05604aかわうそ市
DSC05605あいすくりん
四国から山道を入り四万十川を見て高速松山自動車道へ入る前に
近隣の道の駅に寄りました。
かわうそ市という市があり、四国の素朴な家庭寿司が350円や
文旦やデコポンが凄いお安い値段で売られています。
ここでかなり柑橘類や芋ケンピやお土産(食品)を購入して
後に滞在したホテルから発送しました^^;

高知の家庭寿司にはゆず酢が使われていてとても香りがよく美味しいのです♪
昨日・・・遠慮して食べることが出来なかった「あいすくりん」を食べました。

*********四万十川

DSC05607四万十川
DSC05617四万十川DSC05614四万十道の駅
渓流下りはもっと下口だそうです。^^;
道の駅で、新聞紙で作るバッグのレシピが・・・なんと!!千円^^;
貴女なら買いますか??(苦笑)



*********泥棒ではありません^^;
DSC05619aいよかん
DSC05620伊予柑と
そろそろ愛媛県に入る所で・・・・みかんが木に生ってるのを発見♪
こういうの・・・・何気に北国の人間は感動~~(*゚v゚*) なんですね(笑)
これから高速松山自動車道へ入ります。
何故かETCカードを忘れてしまい全て四国では現金決済(笑)^^;

*********凛とした佇まいの松山城

DSC05636松山城
ホテルにチェックインしてここからは車を置いて電車でGO♪
乗り場が直ぐ近くなので便利でした。
まずは、ロープーウェイで松山城に行きます。
DSC05642松山城DSC05644松山城
DSC05654松山城 天守閣DSC05652松山城 天守閣
DSC05653松山城 天守閣DSC05662伊予柑ソフト
お山の上に建築されている松山城(これは攻められないでしょう)
加藤 義明が25年の歳月を掛けて寛永6年に完成。
しかし同年二月、加藤 義明は会津40万石に加増・転封の名を受け
心血を注ぎ愛着のある松山城へは一度も足を踏み入れることなく4年後に死去。

その後、蒲生 氏郷の孫、名君といわれた蒲生 忠知から
松山藩 松平家が誕生し松平 定行の一代目から
朝敵として官位を剥奪される14代定昭に代わり再封。
15代目松平 勝成(名字を久松に戻す)までお住まいになる^^;

ちなみに松山タルトの生みの親は松平 定行なんだそうです^^;
日本史は得意じゃないのでこの辺にしておきますね(^▽^;) 汗
名古屋城とか大阪城から比較すると天守閣が小ぶりなのですが・・・
非常に、お城らしいお城を見学しました。

天守閣階下では、戦国時代のフル装備(甲冑)を身に付ける
体験も出来ますので、お時間のある戦国オタクには嬉しい企画ですね(笑)

*********近代国家への道 明治を感じる「坂の上の雲」ミュージアム

DSC05672坂の上の雲ミュージアムDSC05676坂の上の雲ミュージアム
DSC05675坂の上の雲ミュージアムDSC05674坂の上の雲ミュージアム
司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の小説がまるごとミュージアムになっちゃってます。
設計はあの・・・・安藤 忠雄氏。
今年の秋に某国営放送でもドラマが放送されるのでレアな話題でもありますね。
日本騎兵の父 陸軍大将 秋山 好古
弟である東郷 平八郎の参謀を務め後に海軍大学校教官だった秋山 真之兄弟と
松山が生んだ天才文学者・句人 正岡 子規と松山が生んだ偉人を登場人物とし
近代国家を目指す志の高い日本人気質や明治の精神を肌で感じられる空間。

戦艦「三笠」記念館にも足を運んでいる軍事オタクの私にはとても楽しい空間でしたね♪
東郷 平八郎元帥の曾孫さんにあたる方からコメント頂いてびっくり(ё_ё)しました(笑)
ちなみに江田島の海軍兵学校はこんな空間。 

DSC05684萬翠荘
萬翠荘
大正11年に旧松山藩藩主の子孫にあたる久松 定謨(さだこと)が別邸として建てた。
設計者は木子 七郎。

*********まるで千と千尋の神隠し・・・道後温泉
DSC05693道後温泉

DSC05697道後温泉
歴史的にも古い300年前からの湯治温泉としてして余りにも有名な道後温泉。
夏目漱石の「坊ちゃん」にも登場しますね。

相方から「貴女の性格じゃ・・・絶対に入らないほうがよい!!」と念を押され^^;
(相方さんは、パスして別行動(苦笑)
遅い時間に行ったのも悪いのですが・・・
とにかく、汚い^^;地元の人は絶対!!入らないそうです。
お湯の中に入りきれない程、人で溢れていました。
絶対数!!洗い場が不足してるのに入場させてるのです。
(服を脱ぐ前におそるおそる覗くと・・・隙間が無いほどお湯の中に人が(>_<;)
まるで・・・千と千尋の神隠しそのものでした(苦笑)
一度見たら・・・皆、二度と入らないというけれど・・・・本当だったわ(>_<;)汗
(相方は、昔入った事があり潔癖症の彼はそれ以来入らないそうです。)
病気が感染しそうなマットに垢の浮いたお湯・・・(この辺で止めときます)
別料金で入れる2階のお風呂もきっと同じでしょうね(^▽^;)
止めてそそくさとホテルへ帰りました。
それに愛媛は寒かったんです・・・凄い。

道後温泉の中でカメラ小僧を発見^^;
私・・・あんまりカメラ片手になんでもパチパチ撮るのってどうかとも思うのです。
(その人・・・・女湯の方もカメラレンズ向けてて気持悪かった^^;)
お風呂なのでカメラ持込禁止にした方が良いのでは???
流石の私もカメラは玄関のロッカーに置いて来ましたけどぉ~(ё_ё)

この日は・・・何食べたんだっけ??
なんか、ホテル近くでこ洒落たcafe風居酒屋でじゃこ天や
鯛料理を食べました♪
(相方は、食べ物屋さんで写真撮るの凄く嫌います(当たり前だけど)

DSC05688松山
結構な都会な松山。
高速道路も強風注意報が出るくらい寒くって風が強かったんです。
北国の人間でも非常に寒さを感じました(ブーツ&コートでも良いくらい)
愛媛・・・しつこいけど、本当に寒かったぁ~~!(°д°;;)
しかし・・・・今更ながら愛媛の柑橘類は本当に美味しい♪♪

明日も早朝出発なので早めにお風呂に入り^^;就寝。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。