上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sozai
ふぅぅ~~~~何だかんだと言っても9月ですねぇ(笑)
9月に入り・・・微妙に残暑になってきた北国の秋です
恒例となった(自分の中では)秋に聴きたい音楽いきます♪


SEO対策


First TouchFirst Touch
(2004/06/15)
Dominic Miller

商品詳細を見る

Dominic Miller<first touch>
ここで私の大好きなギタリスト♪ドミニク・ミュラーさんをご紹介します。この方は元ポリスのスティングさまの超~~♪お気に入りのお抱えギタリストでもあった方で・・・・非常に硬質な音作りでテクニックも抜群の人ですので今回は、「Shapes」と共に一押しでお薦めしちゃいます。アルバムもトータル的にかなり完成度が高いので何度も聞き返したくなる愛聴盤です。ロマンチックに夜空の星を眺めながら聴きたくなります・・・(;へ:)が出そうな位・・・・しんみりしたギターなんだな(笑)ドミニク・ミュラーさん・・・ホントにギター上手い♪です。

Dominic Miller試聴♪

Nine LivesNine Lives
(2008/04/29)
Steve Winwood

商品詳細を見る


STEVE WINWOOD<Nine Lives>

早熟の天才STEVE WINWOODさまも・・・今じゃぁ渋~~いオジ様(^З^)ぷぷ・・・どうせ私はオジさま好き(^_-)-☆(笑)いいもん♪
なんか・・・私・・・女好きで軽薄なキャラのE・クラプトンなんかよりカッコイイと思っています(ファンの方m(__)m)クラプトンさまとも親交がある元トラッフィックのSTEVE WINWOODの新譜です。大人で内面から滲み出るようなブルージィなサウンドはシビレます(笑)所謂、ホワイトブルース系の肩の力が抜けた・・・・リラックス出来るCDです。
以前にご紹介した「トラッフィック」の記事です

STEVE WINWOOD試聴♪









ShapesShapes
(2004/03/02)
Dominic Miller

商品詳細を見る

Dominic Miller<Shapes>
クラッシックファンも唸る??(笑)・・・・アベ・マリア「Adagio in G MINOR」/「Shape Of My Heart」などはゲストボーカルはあのスティングさまです(;へ:)おおぉ~~~っと唸りまくり(嘘ですけどね)聴きました♪新しいアレンジのギタークラッシック音楽で・・・・お洒落です♪どちらかと言うと・・・BGM感覚の女性の方でも聴きやすいアルバムだと感じました。やっぱりクラッシック選曲バージョン出したか^^;という納得と従来のSTINGお抱えのギタリストとしてのイメージに固守するFANにはやや評判ダウンのアルバムの様ですね(笑)


Modern GuiltModern Guilt
(2008/07/08)
Beck

商品詳細を見る

BECK<モダン・ギルド>
私・・・とことん、こういう声質が好きなんだと思う・・・・地の底から響くみたいな低~~い系の声(笑)かすれた声やカン高い声はどちらかと言うと・・・駄目(@_@)ですね。タイトでサイケなサウンドのBECK・・・秋の新譜。
BACK試聴♪

Sea ChangeSea Change
(2002/09/24)
Beck

商品詳細を見る

やっぱBECKくんは(^З^)ぷぷ・・・・個人的には、哀愁あるボーカルの「Sea Change」が好きなんだなぁ~(笑)擦り切れる迄聴きます^^;なんか・・・変った顔だよなぁ~微妙に(笑)「どうせ俺は負け犬さ、あんたはどうして俺を殺さないんだい?」のサビで有名な曲・・・・スラッカー世代の代表のようなイメージが強い「LOSER」なんかも好きだな(^_-)-☆私のお昼寝用CDです♪






Wish You Were HereWish You Were Here
(2000/04/25)
Pink Floyd

商品詳細を見る

邦題「貴方がここにいてほしい」PINK FLOYD
今月15日にキーボード担当のリック・ライト氏が癌の為65歳で死去。時代の流れを感じますが音源に関しては全く古さを感じさせません。
最近・・・・UNDER WORLDと交互に聴いているんですよね^^;私の一番愛するROCKバンドPINK FLOYDさま。何度聴き返しても素晴らしいアルバムだなぁ~と実感「狂気」が一番好き♪と言ってましたが・・・このアルバムの出来が一番いいのかも?楽曲の構成は本当に素晴らしいです♪
神経衰弱でバンドを解雇された彼らの故郷であるケンブリッジからの幼馴染の創立メンバーでリーダーでもあったシド・バレッド(メンバーは本当は4人なんだけれど・・・5人目のPINK FLOYDと呼ばれて居た人)のことを歌った「貴方がここにいてほしい」は涙もの・・・
過去の東京出張の時・・・山の手線や地下鉄の中でも飛行機の中でも聴きまくりました。私の愛聴盤です。

貴方がここにいてほしい試聴♪

ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリーピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー
(2004/07/23)
ピンク・フロイド.シド・バレット

商品詳細を見る

美男子で才能が在り・・・性格も明るく友人も沢山いたシド。その若く輝く個性や才能を薬物が全て枯らしてしまい人間までも廃人同様にしてしまった・・・・
ショウ・ビジネスの世界の移り変わりの激しさや、男の友情についても考えさせられてしまった「ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー」メンバー4人や周りの関係者の証言や過去映像でシド・バレットの軌跡を辿ります。ちなみにシドは既に故人(;へ:)ジミ・ヘンといい麻薬は本当に恐い(^▽^;)デビッド・ボウイはシドの絵画の収集家としても有名ですね。T・REXの故マーク・ボランは同じ事務所で憧れの人・・・・シドの髪型を真似していたんですって♪

週末に聴きたい音楽/グラムロック~パンクの交わる時でご紹介しています♪
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。