上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



最近は、あんまり聴いていないハードロック(ブリティッシュ系が特に好き♪)
突然・・・思い出した様に聴いたりしますが・・・最近、大音響が疲れる年齢(^▽^;)に達してきましたので・・・パープルの我儘天才ギタリストのリッチー様の奥様とのユニットのブラックモアズナイトを聴いています。
エレキギターも上手い人は・・・当たり前だけれどアコースティックギターも抜群に上手い♪♪と、思わず納得で唸ってしまいました(笑)
孤高の天才ギタリスト(俺様男)の安住の地は意外な所にあったんんですね~~^^;(大袈裟??)

シャドウ・オブ・ザ・ムーンシャドウ・オブ・ザ・ムーン
(2002/02/20)
ブラックモアズ・ナイト

商品詳細を見る

レインボウもパープルも知らない人でも直ぐ好きになる癒し系のアルバム♪
中世ルネッサンスやジプシー音楽を網羅しクラッシック(白鳥の湖)までアレンジしており歌詞はキャンデスさまの手によるロマンチックな内容です(笑)奥様のキャンディ・ナイトの美声は曲の良し悪し^^;やアレンジも超越するくらい癒されるし・・・・とても好きな声ですねぇ~♪(実際、アレンジは非常にいいです)北欧の空気みたいな爽やかなサウンドとボーカルでお薦めします(^_-)-☆
ちなみに・・・今の所・・・このアルバムしか持っていませんが^^;ちょこちょこ揃えて行きたいです♪
私は、リュート集やこういう中世の時代の牧歌的なフォークソングなんかに興味が元々あったのですが・・・リッチーも前々からこういうタイプのトラディショナルな音楽に非常に興味があったらしいですね。
流石はイギリス人だなぁ~と・・・・一人、またそこで感心しました(笑)
ちなみにリッチー様は、中世音楽の研究家としても意外と有名な存在だったみたいです。聞けば二人とも元々出会う前から中世の音楽が大好きだったとかで・・・・やっぱり、出逢うべくして出逢ったカップルなんでしょうね(^_-)-☆

残念ながら・・・ブラックモアズナイトはミュージックサンプラーの試聴リストに上がって来ないんですですね(;へ:)なんでだろう???
リッチーさま・・・↓ 過去のお写真から見ると・・・別人のように優しいお顔になってて(笑)幸せそうなリッチーもいいもんですねぇ(笑)だって・・・奥様はモデル並の美貌の金髪美人♪
ブラック・ナイトリッチー・ブラックモア伝ブラック・ナイトリッチー・ブラックモア伝
(2007/11/30)
ジェリー・ブルーム

商品詳細を見る

なんか・・・知らない間に(去年)こんな本が出たらしいですねぇ~~あんまりリッチー個人のことは詳しくないので(^▽^;)これでも買って勉強しないと本当はファンの人には怒られちゃいそうです(苦笑)
なかなか・・・・不敵な目付きの人ですねぇ~~~(^▽^;)睨まれたら・・・固まりそうですわ(笑)こんなにバンドを点々とした人もロック界史上珍しいし・・・あんまり居ないんじゃないですかね??(笑)






私の想像ですが女性にとって・・・そんな、少年みたいな所が純粋で妥協を知らない性格だったりする孤高の人が意外と可愛く見えたり母性本能をくすぐり魅力的なのかも知れないですね(笑)
恋愛は勘違いが始まりだって言うから・・・・「この人にはわたししか居ないんだわぁ~~(うっとり)」とか
半ば・・・「ラスフレ」のソウスケとミチルの他人に迷惑掛けっぱなしの二人だけのこの世の世界だったりして(^▽^;)(汗)
「彼は・・・私だけを見てくれているわぁ~」とか(笑)「喧嘩しちゃ駄目ぇ~」とか^^;
そんな縛りつけ合う愛なんて!!私はご免ですけれど・・・・なんの話だったっけ??

とにかく・・・・他人さまに尻尾振らない所は・・・好きですねぇ~(笑)
相方曰く
「そういう男は・・・生きることに執念がないんだ!!
だから、ラスフレのソウスケは自殺したじゃないかっ!!」

(↑ なにさ!!会社の女の子にいつも尻尾ふりふりの癖にぃ~~~o(≧~≦)o(爆)
roko 「まぁまぁ・・・・ドラマの世界なんだから・・・(^▽^;)
(^З^)ぷぷ・・・・・」
とことん・・・横道にそれました(苦笑)





アイ・サレンダーアイ・サレンダー
(2006/08/30)
レインボー

商品詳細を見る

>レインボウ時代。
私の一番好きなアルバムの一つです♪
「Ⅰ SURRENDER」のあのジョーリン・ターナーの高音の伸びやかなボーカルにしびれます(笑)インストゥルメンタルで「治療負荷/第九」がリッチーのアレンジでリリースされています。
「DIFFICULT TO CURE」試聴♪ 
ストリート・オブ・ドリームス(紙ジャケット仕様)ストリート・オブ・ドリームス(紙ジャケット仕様)
(2001/12/27)
レインボー

商品詳細を見る

実は・・・私はこのアルバムはレインボーの最高傑作だと思っているのですが・・・
ボーカルはやっぱし@ジョーリン・ターナー様(笑)
ブラックモアズナイトのアルバムでも少しですが「スノーマン」なんかではインストゥルメンタルでエレキのフレーズが織り込んであり・・・・ここら辺のレンボー時代のフレーズも良く考えると同時進行で活動していた時期なので雰囲気ありますねぇ~♪
ここら辺の二枚は擦り切れる程・・・( ̄Д ̄;;聴きまくりました(笑)「嵐の使者」なんてアルバムもあったっけ??
「ストリート・オブ・ドリームス」試聴♪ 




マシン・ヘッドマシン・ヘッド
(2005/06/22)
ディープ・パープル

商品詳細を見る

>マシンヘッド(知らない人は居ないくらい有名な曲が・・・・バンド初心者でもコピー出来るあの有名なフレーズ^^;)

一見・・・・全く地味ぃ~~~な存在に思える・・・・ドラムスの存在
実は、私は兄に半ば強制的にパープルのコンサートに連行され(オリジナルメンバーはベースとリッチー抜かして全員御揃い)に最前列でじかに拝見・拝聴しましたが・・・ドラムスのリズムの正確さは只者では無かったです。お客さんは・・・ダークスーツのオヤジやサラリー・ロシア人などなど野郎ばかり^^;女性は数人だけ・・・o(≧~≦)o
メンバーは既にかなり高年齢(50代)だったのですが・・・イアン・ペイスのドラムの威力はライブでもしっかり!!本領発揮でございました。
オリジナルメンバーでその後脱退したはずの^^;イアン・ギラン様のお声はすっかりしゃがれ声で高音は全く出ず・・・keyを下げて歌っていました(笑)
この・・・ヒットアルバムの中からも多数(昔の栄光)の楽曲を披露して下さいましたよ(^_-)-☆
やっぱり・・・LZの故ジョン・ボーナムとかカーマイン・アピス/ELPのカール・パーマーなんかが最もバスドラムをバシッと!!重~~く叩けて正確なドラミング出来るドラマーなんじゃないでしょうか??

紫の炎紫の炎
(2005/06/22)
ディープ・パープル

商品詳細を見る

「紫の炎」
ボーカルがイアン・ギランからデヴィッド・カバーデイルにメンバーチェンジされていて最も人気のあった黄金時代。なので・・・パープル好きはやっっぱり野郎ばかり(^▽^;)「BURN」なんて・・・・こんなカッコイイ曲あるの?っていう位しびれます(笑)
「燃えろよ燃えろ~~よ・・・・炎よ燃えろぉ~~~・・・・・(@_@)」(こんな歌が後から聴こえてきそう・・)
う~~~む・・・・・(。-_-。)。。o このメンバーの似顔蝋燭・・・・はっきり言って笑える(^▽^;)
どうも・・・中身より・・・^^;まったりとしたこのメンバーの蝋燭にされたお顔が好きだったりしてぇo(≧~≦)o(爆)
「BURN」試聴♪
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。