上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




img188 la faute a fidel

『ぜんぶ、フィデルのせい( la faute a fidel)』
2006年仏映画

監督・脚本   ジュリー・ガヴラス
主演      二ナ・ケルヴェリ(アンナ)
         ジュリー・ドパルュデュー(ママ)
         スティファノ・アルコシ(パパ)


以前に見た 「伝説になった英雄(EL・che)チェ・ゲバラ」 
その後見た「COMANDANTE」
スペインフランコ政権下、弾圧され死刑になった反フランコ運動活動家の青年の話
 「サルバードルの朝」
と・・・まるで上記が三部作で(笑)その続編じゃないのぉ?って、言うくらい出てくる人物の名前が微妙にシンクロしていて面白いし分かりやすかったな・・・
(カストロとかフランコとかチリのアジャンデ政権とかね・・・)
そうそう・・・前回記事にした「ぺルセポリス」も激動の時代の話だった・・・

そうなんだ(@_@)私が生まれた70年代は世界情勢がめまぐるしい時代であちこちで革命だの戦争だの冷戦だのと言われていた激動の時代。
今・・・考えるとこの時代のカルチャーやファッション(フラワーパワーとかヒッピッーとか)音楽がとても新鮮で懐かしくもあり何処かまだ人間臭い未完成な所が受けているし注目されている。
ROCK好きの私も・・・何を隠そうこの時代の音楽が一番好き♪なのです。この時代の音楽のオリジナリティーを超えるものは無いでしょう?と思っております(笑)

不幸にも!?そんな時代に生まれちゃったパリに住む9歳の女の子 アンナを巡る共産主義思想や反フランコ政権運動に目覚めちゃって・・・突然、チリのアジャンデ政権の支援者となるスペイン出身の貴族(伯爵家)の息子だったパパの心変りからはじまり・・・・^^;(笑)
当時のトップファションをグラビアで特集する「MARI CLAIRE」の編集者で自立してる元お嬢様のママがフェミニズム運動にも参加して家族中を巻き込んで(笑)この完璧で素敵な♪文句の付け所のないステレオタイプな価値感の生活がパパが政治に首を突っ込んだお陰で庭付きの大きなお家から狭いアパートに引越し・・・アンナの生活が全く激変してしまう・・・

*仏は当時・・・「5月革命」という学生運動が発生しその後、反体制活動が盛んになりウーマンリブ運動やゲバラ思想などの共産思想に影響を受けた若い世代が多かった。





そこで・・・・アンナはキレた!!
考えた!!
大人は勝手だ!!
キョーサン主義って?何??
ミッキーマウスはファシストって何??
分配って何!?
フランコ?って悪い奴なの??

ぜんぶ、フィデルのせいなのね?

(そうだ!そうだ!!ぜんぶフィデルが悪い!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡(笑)


*フィデルとは・・・ゲバラと共にキューバを独立させたフィデル・カストロ将軍のことです。

DSC02830la faute a fidel

見て下さい♪このお嬢様ぶりと仏頂面(^З^)ぷぷ・・・・・
結婚式に出席している時のアンナのお洋服・・・・お子様とはいえとてもドレスコードをきちんと守り家庭状況が分かりやすいですねぇ~(=^^=) 子供服かわいいです。
昔・・・ユーロディズニーで、アンナちゃんみたいな紺のモッサのコート着てた女の子にフランス語で話かけたら・・・ママに睨まれてしまいました(^▽^;)革靴履いてきちんとしてますね~♪

パパは弁護士でママは仏版「MARI CLAIRE」の編集者で、バカンスはワインの産地ボルドーのお城の様な住いのママの実家・・・・アンナは、制服のあるカトリック系の私立の小学校に通い・・・いわば典型的上流家庭のお嬢様で、お料理が抜群に上手い優しいキューバ人の大好きな♪お手伝いさんと、可愛い弟においしい食事・・・学校から帰宅すると・・・・
まず・・・入浴してそれからお食事のライフスタイル(おやじみたいじゃないかっ!(^▽^;)
そんなアンナの完璧で大好きだったリッチな暮らしが崩れてゆく・・・・(;へ:)
「MARI CLAIRE」と言えば・・・私のメル友さんベルギー版の表紙モデルになったんですね(写真送られて来た時・・ビックリしたなぁ~・笑)

DSC02828la faute a fidel

ヒッピー!?な生活も板についてきた??(笑)アンナちゃんの変貌ぶり。
ママがフェミニズム運動で仏の中絶禁止問題にも取り組む様になり
(フランスとベルギーはカソリックなので中絶禁止なんです・・・確か?)
子供が何故出来るかまで知ってしまいます^^;

子供は親を選べ無いしね♪(笑)
親は親で若いし・・・まだ、発展途上の未完成人間でもあるし・・・
子供が居るから親も親として成長する。

アンナも抵抗するばかりじゃぁ~能がが無いと思ったのか?
悟りを開くんだなぁ・・・(。-_-。)。。o
賢いなアンナ♪
でもって・・・大好きだった宗教(教科)でも
宗派にとって都合の良い解釈をしていることも
政治家やお金や大人の都合で
色んな価値感やスタンスが在るって・・・・
いろんな事も知ってしまうんだな・・・(^▽^;)

お嬢様でスポイルされて今まで成長してきたのに・・・
この辺の親子の会話というか・・・
アンナのセリフが面白かった・・・

500人のオーディションの応募の中・・・ヒロインのアンナ役に抜擢された
二ナ・ケルヴェリちゃん大人を食ってます!
将来有望格ですな♪(^З^)ぷぷ・
ちょっと・・・大好きな映画「地下鉄のザジ」と
トリフォーの「大人は判ってくれない」を思い出しちゃった♪
しかし・・・映画代を節約する為・・・
実家の手伝いなので・・・・
外回りとついでに外食兼ねて抜け出すのですが・・・・
LADYS DAYって・・・どおして強烈なキャラの
変わったオバサン達が多いんだろう?
っつうか・・・・私の隣に座るオバサン・・・いつも変な人(苦笑)
強烈過ぎてここに書けな~~~いヾ(*`Д´*)ノ"彡(爆)
まぁ・・・今の世の中「マクロに狂った人」が多いのかも?(笑)


ちなみにC&Sさんでもお馴染みの「NIMES」 
『ぜんぶ、フィデルのせい』のコラボ商品が販売されているそうです♪


大人は判ってくれない大人は判ってくれない
(2000/01/19)
ジャン・ピエール・レオー、クレール・モーリエ 他

商品詳細を見る


地下鉄のザジ地下鉄のザジ
(1999/11/17)
カトリーヌ・ドモンジョ、フィリップ・ノワレ 他

商品詳細を見る

なんか・・・ザジと微妙に似てるなぁ~(笑)

陽光(ひかり)と静寂陽光(ひかり)と静寂
(1994/08/31)
マドレデウス

商品詳細を見る

全然・・・・^^;関係無いんだけれど・・・
いつも聴くポルトガルの哀愁サウンド「マドレデウス」みたいなメロディが流れていたので・・・
秋口に良く聴く音楽です。
Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/1022-7484e84a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。