上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ぺルセポリス

「ぺルセポリス」
2007年仏映画(アニメ作品)
原作・監督・脚本  マルジャン・サトラピ

ボイスキャスト/声の出演(仏語版)
マルジ         キアラ・マストロヤンニ
マルジの母タージ   カトリーヌ・ドヌーブ


1970年代生まれの中東のイランのテヘランに住む女の子、マルジが主人公のパーレビ政権が倒れた時代・・・・激動の渦の中に巻き込まれて往くマルジとその親族や周りの人達・・・・。
背景はイスラム革命やイラン・イラク戦争勃発時をリアルタイムで体験している監督・原作・脚本を担当しているマルジャン・サトラピ自身の自叙伝的なストーリーをセピアカラーのアニメーションで非常に東洋的な美意識を感じる美しいコントラストの映画。

ちなみに・・・・英語版のボイスキャストはマルジ親子はキアラとカトリーヌドヌーブ親子で同じですがマルジの尊敬するアヌーシュ叔父さんにロック界の重鎮/奇才フジロックにも来てましたねぇ~(今も裸で頑張っちゃってる?!・笑)イギーポップ様に演技派俳優(私、結構好き♪)ショーン・ペンがマルジのパパ役で出演して話題になっています。





イスラム教・・・というとなんだか昨今騒がれている自爆テロやジハード(聖戦)・女性はヴェールを被り人前で顔や肌を露出してはいけないとかなんていう厳しい戒律のイメージですよね^^;
確か・・・あのビンラディンの父親もパーレビ政権時代に王室と深い関わりがあったらしいですね。
「反政府主義者」としてマルジの両親の友人や叔父さんなどがイランと言う国の国民の人権や自由を夢見て戦い捉えられ、投獄→処刑されたり私達日本人から見ると非常に非日常の世界でもある。
それと、劇中・・・・非常に驚いたのは・・・その「反政府主義者」が未婚女性だった場合・・・処女はイスラム教では処刑することを禁じられているから・・・革命防衛隊の男性を合法的に結婚させてから既婚者となった上で処刑するという事実をアニメの世界でしたがそのような惨い残虐な行為・・・
平和ボケした私の頭の片隅に他国の宗教・文化と言えども・・・非常に理解に苦しむし戦慄すら覚えたのでした。

そんな暗い激動の時代に「PANK IS NOT DED」(パンクは死なず)のTシャツを着て街を闊歩するちょっと反抗的なお子様時代を過したマルジですが(笑)・・・少しほっとするのがお家の中ではリベラルな両親の元自由に生活したり・・・・音楽(KISSやアイアン・メイデンなどのヘビメタが大好きなんですよね♪)を楽しんだりして過すマルジにもやはり自由に青春を謳歌出来ないご時世であると判断した両親が、マルジをヨーロッパのウィーンへ知人を頼り留学させる選択をする所は普通の家庭より・・・やはり、恵まれているかな?(笑)
オーストリアで留学生活を送るマルジには恋をしたり人種による偏見を実体験したり西欧文化の洗礼を受けつつもカルチャーショックを受けるが・・・若いと意外と順応するんですよね~。
留学先で失恋し(;へ:)傷心のままイランへ逆戻りしたマルジは今度は逆カルチャーショックになり自宅に引きこもる生活となってしまうのです。

私も経験したけれど10代や20代前半でまだ自分自身の価値感が固まらない内に海外に留学して・・・又自国の文化の生活に戻ると「逆カルチャーショック」になります。
3年いたら・・・その倍元の生活に戻るのにエネルギーを費やすと言われています(;へ:)
個人差は在るかも知れないけれど・・・・いろんな体験を踏み価値感や自分が固まりだす20代後半くらいの方が本当は良いのかもしれないですね・・・(日本人大リーガーなんかそうですね~)

「いつも毅然と公正正大でいるように・・・」とカジャール朝の王家の血を引くおじいちゃんをとても愛していた祖母の格言♪女に生まれてマイナスなんかじゃなく(笑)常に自由で尚且つ主体的に・・・・そして誇りを持つという事を祖母や母・父や政治犯として処刑された叔父からも学び・・・肌で伝わる教育をされているマルジは、出会いと別れを繰り返し・・・・悲劇のヒロインなんかじゃなく・・・主体的な自立した女性へと変革していくのです。 「アイ・オブ・ザ・タイガー」がテーマ曲でマルジが一念発起する場面は・・・・思わず笑っちゃった(=^^=)

女の子は観るといいかも?(笑)少し残念なのが字幕の字の色が白色で・・・前編のマルジの少女時代のシーンが白黒で描かれている為、字幕が非常に見えずらかった(ピンクとかにしてくれると観やすくていいのにね(^_-)-☆(笑)

何事も逃げちゃいけないんだよね♪マルジ♪♪

おまけ*マルジの好きな音楽たち*


スリラースリラー
(2000/04/01)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

限りなく白人に近づきたいマイケル・・・・数々の裁判費用の為にあのネバーランドまで手放さないといけない程破産寸前だとか?!最近のMTVで新譜のPVを観たら・・・・・・二度ビックリ(@_@)髪だけ以前の黒髪で皮膚は白人より白い・・・(^▽^;)微妙な奇行や変人キャラだけれどね・・・・この人はやっぱり天才なんだろうなぁ~マルジは、当時人気だったABBAやビージーズよりマイケル派だったみたいね(^_-)-☆(笑)

The Very Best of KissThe Very Best of Kiss
(2002/08/27)
Kiss

商品詳細を見る

マルジの大好きなkissのベストアルバムです♪髪の毛をゴムで頭の天辺で結わえている薄毛のジーン・シモンズやポール・スタンレーのメークや火を噴くパフォーマンスでも有名。楽曲は比較的ポップでたまにポール・スタンレーの「SHANDI」  「Hold Me, Touch Me 」←好きだったなぁ~この曲(笑)バラードなんかしんみりしてお薦め♪
最近では「I Was Made For Loving You」が、キャノンのカメラの宣伝でも知られていますね。なんか元気が出るかも!?よ(^▽^;)

KISS試聴サイト♪ 

死霊復活死霊復活
(1998/10/28)
アイアン・メイデン

商品詳細を見る

死霊復活・・・(^▽^;)凄いタイトルですねぇ~実は私はあんまり聴きませんが・・・アイアン・メイデンはこれしか持ってません(笑)劇中の楽曲が入ってるかどうかも定かではないのですが・・・・こんなバンドです。 意外と息の長いバンドですね(@_@)ギターもボーカルもドラムも唸りまするぅ~何を聴いても同じに聴こえるのってあたしだけ??^^;

アイアン・メイデンのちなみに試聴サイト♪です

Sabbath Bloody SabbathSabbath Bloody Sabbath
(1990/10/25)
Black Sabbath

商品詳細を見る

結構・・・・個人的に好きなアルバム・・・元祖ヘビメタの大御所ブラックサバス。
なかなか・・・アルバムJKが美しいですけど・・・音楽は・・・・あはは・・・ねっとりしてて・・・どうも疲れた時は魂吸い取られちゃますので止めましょうね(^▽^;)(笑) バン・ヘイレンなんかも好きだなぁ~(長くなるのでこの次にしましょう(笑)

BLACK SABBATH試聴サイト♪




*ロック好きなところは・・・マルジと共通点あります♪♪(=^^=) v



Secret

TrackBackURL
→http://hinemosuroko.blog70.fc2.com/tb.php/1004-2d183235
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。