上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



SEO対策


img192in to the wild

「INTO THE WILD」2007年アメリカ映画

監督・脚本  ショーン・ペン
原作      ジョン・クラカワー「荒野へ」
撮影      エリック・ゴーティエ
主演     
クリス     エミール・ハーシュ
老人      ハル・ホルブルック
父        ウイリアム・ハート
母        キャスリン・キーナー


ショーン・ペンが監督した作品という事で興味があり観に行きました。私の好きな映画でもある「シンレッドライン」での淡々と己の任務を遂行するウォルッシュ曹長役がとても印象的でしたし、以前偶然目にしたケーブルで放送していた「リチャードニクソン暗殺企てた男」の病理的な主人公が犯罪へと移行していく主人公の精神の崩壊する内面を鬼気として恐いくらいのリアリティで演じていた。物凄い俳優だなぁ~と感心していたのでした。

1992年夏、アラスカ州(米国)の荒野の放置バスの中で死後2週間で発見されたその青年は、大学を優秀な成績で卒業しNASAの航空エンジニアの父の元・・・裕福な家庭に育った一人息子でもあり両親からの捜索願いの出ていた23歳のクリストファー・マッカンドス。その謎めいた死が全米中の話題となりその後、ジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーがクリスの二年間の孤独の放浪生活を克明に取材しノンフィクション小説化した「荒野へ」(原作)がベストセラーとなる。その「荒野へ」と10年ほど前に出会い・・・・映画化を決意し権利所得までショーン・ペン監督が10年の歳月を費やしたと言いう力作のロードムービー。
ちなみに撮影監督はあの以前自BLOGでもご紹介した自己の理想論に殉した男でカストロの盟友、革命家ゲバラの若き日のバイクで南米中を放浪した「モーター・サイクル・ダイアリーズ」(03)の話題の撮影監督エリック・ゴーティエ。今年私が観た映画の中では「胡同の理髪師」と「INTO THE WILD」は一押し♪です。

荒野へ荒野へ
(1997/04)
ジョン クラカワー

商品詳細を見る

ちなみに・・・・次に読んでみたい本のジョン・クラカワー「荒野へ」(今は「兵士になれなかった三島 由紀夫」を読んでます^^;)





... 続きを読む
スポンサーサイト

haripin



SEO対策


DSC04125ストールCDアレンジ袖

ナチュラルキャミ長袖V4

週末に暫らくサボって山になっていたニット物をがんがん縫いました^^;
一つは大好きなストールカーディガンの袖をアレンジしたもの・・・
もう一つはナチュラルキャミをまたまたアレンジして長袖と
襟ぐりを狭くして冬用のばばシャツ風にアレンジしました(^▽^;)

生地の膨大な山はニットが大半を占めていて・・・
本当は布帛物で作りたいブラウスがあるんだけれど・・・
我慢してニットをがんがん縫う計画を立てました。

ソーイング始めた頃に勢いで購入した生地達が2年漬けとかに
ならないように頑張らないといけないかもよ?
なので暫らくはニット物が多いかも?!(笑)








SEO対策


DSC04133黒ゴマプリン1

ふぅぅぅ・・・・・なんだかんだと言っても秋ですねぇ~(。-_-。)。。o
9月というのに・・・なんだか残暑があるんです。
8月はあんまり暑くなかったのに6月7月9月が暑い変な気候の北国です。
連休はちょっとしたお出かけと都心で温泉・岩盤浴とリラックスモードでした。


朝夜の寒暖の差で・・・馬鹿は風邪引かないっていうのに・・・
(^▽^;)風邪を引いてしまいました(ノд-。)クスン
ほんと!扁桃腺が直ぐ赤くなるので微熱が出るんですよね  ぅうううう~~~~

しかし・・・夜空は星が綺麗に輝いていて一番好きな季節でもあるのです。
★って・・・・離れた所でも・・・私の所と同じ風に見えてるのかなぁ~?(アホ^^;かいな)
月日って・・・・本当に流れるのが早いなぁ~とつくづく実感(笑)
★を眺めるのが大好きで(笑)夜ウッドデッキに佇んでいたら・・・・
蚊に刺されたりして・・・・ε=( ̄。 ̄;)






sozai
ふぅぅ~~~~何だかんだと言っても9月ですねぇ(笑)
9月に入り・・・微妙に残暑になってきた北国の秋です
恒例となった(自分の中では)秋に聴きたい音楽いきます♪


SEO対策


First TouchFirst Touch
(2004/06/15)
Dominic Miller

商品詳細を見る

Dominic Miller<first touch>
ここで私の大好きなギタリスト♪ドミニク・ミュラーさんをご紹介します。この方は元ポリスのスティングさまの超~~♪お気に入りのお抱えギタリストでもあった方で・・・・非常に硬質な音作りでテクニックも抜群の人ですので今回は、「Shapes」と共に一押しでお薦めしちゃいます。アルバムもトータル的にかなり完成度が高いので何度も聞き返したくなる愛聴盤です。ロマンチックに夜空の星を眺めながら聴きたくなります・・・(;へ:)が出そうな位・・・・しんみりしたギターなんだな(笑)ドミニク・ミュラーさん・・・ホントにギター上手い♪です。

Dominic Miller試聴♪

Nine LivesNine Lives
(2008/04/29)
Steve Winwood

商品詳細を見る


STEVE WINWOOD<Nine Lives>

早熟の天才STEVE WINWOODさまも・・・今じゃぁ渋~~いオジ様(^З^)ぷぷ・・・どうせ私はオジさま好き(^_-)-☆(笑)いいもん♪
なんか・・・私・・・女好きで軽薄なキャラのE・クラプトンなんかよりカッコイイと思っています(ファンの方m(__)m)クラプトンさまとも親交がある元トラッフィックのSTEVE WINWOODの新譜です。大人で内面から滲み出るようなブルージィなサウンドはシビレます(笑)所謂、ホワイトブルース系の肩の力が抜けた・・・・リラックス出来るCDです。
以前にご紹介した「トラッフィック」の記事です

STEVE WINWOOD試聴♪









ソーイングの記事ばかりでって・・・
頭使わなくって楽なんだけど・・・(笑)
ちょっと・・・今日は女性の生き方についても考えさせられた映画の話
(あ~~(^▽^;)ちょっと、長いので・・あしからず(笑)


SEO対策


img190.jpg

「トゥヤーの結婚」中国映画

監督  ワン・チュアンアン
主演  ユー・ナン
*ベルリン国際映画祭「金熊賞」受賞作

近頃・・・・観る映画は「戦記物」は相方が大嫌い(戦後教育の戦争=悪の教育を一番純粋に受けてきた世代なんです^^:)なので・・・・最近観る映画は、シネコン系の映画や「白い馬の季節」「長江哀歌」とか中国映画が多いですねぇ~(笑)

内モンゴル(中国自治区)の遊牧民として生まれ・・・・伝統あるモンゴル相撲の覇者と恋愛結婚し、一男を産け慎ましいながらも幸せに暮していた美人で働き者のトゥヤーの結婚生活が突然・・・悲劇的な展開になるのですが・・・・
北京五輪が開催される前に観た映画なんですが・・・世界的に感心が強いチベットの独立問題といい内モンゴルの問題といい中国という共産国なのに市場自由経済路線を突き進む大国に山積する他民族国家としての問題も提示しているし非常にリアルな生活感の映画でした。「自分で涙を拭く女・・・・トゥヤー」政府の方針や政治思想なんか関係無い!リアルに現在を生きる・・・・・それがしなやかに逞しく「今」を生きる中国女性なのかもしれない。





haripin



SEO対策


 DSC04074ナチュラルキャミ長袖
真夏に着用予定して購入したはずのクルールさんの
「ナチュラルキャミソール」ですが・・・・
肝心の真夏には着手出来ず(;へ:)
結局・・・・長袖のパーツパターンを自作して
秋冬用に長袖で作りました♪

そんなこんなで月末は請求書の山でミシンに全く触れず・・・
土日目掛けて溢れかえる布の山を小さくしようと思って
(毎月・・・・何処かで布地購入してたら永遠のループなんですけどね(^▽^;)

クルールさんの先月のサマーoutletで届いた
リヨセルシルケットという・・・生地で2パターン作ってみました。









久しぶりの音楽ネタ・・・
あくまでも独断と偏見で選んでいます(笑)

ブラザーフッド-リミテッド・エディション-(初回生産限定盤)ブラザーフッド-リミテッド・エディション-(初回生産限定盤)
(2008/09/03)
ケミカル・ブラザーズバーナード・サムナー

商品詳細を見る


THE CHEMICAL BROTHERS <ブラザーフッド-リミテッド・エディション~(初回生産限定盤 )>
CHEMICAL BROTHERS の2枚目のベストアルバム。リミテッドエディションには、クラブ向けレアトラック集が付いてます。月曜日の深夜(正しくは火曜日)ケーブルで特番やってましたが・・・途中で余に眠くってリタイヤ(笑)
日産のⅩーTRAIL(Setting sun)やSONY「VAIO」(Let forever be)のCMにも使われているので何処かで耳にした事があると思います。5年前に「シングルス93~03」をリリースしていますので・・・・実は私、購入を今だ迷ってます(笑)アルバムでは「Dig Your Own Hole」がお薦め♪
しかしケミカルBや↓のUNDERWORLDの音作りは....打ち込みのシーケンサーで作られたと思えないほど自然で(多分、シタールやアコースティックなサウンドを上手く取り入れている為)聴いていて、とても幻想的な感じもする曲も多いので好きなのかな?ノリがよくつい!踊りだしたくなるような曲も多く新曲 「MIDNIGHT MADNESS」 も入ってるし・・・・やっぱりこれは、お得なベスト盤かも知れないですね(笑)入門篇でどうでしょう?

Oblivion with BellsOblivion with Bells
(2007/10/16)
Underworld

商品詳細を見る


UNDERWORLD<Oblivion with Bells>
私の中では・・・FLOYDと共に特別な存在のUNDERWORLDの世界。
新曲の「Parc」が入った新譜「The Bells! The Bells! (Remixes & Videos from the Oblivion with Bells album) 」(DVD付き)が先月発売になったのですが・・・・「Oblivion WITH BELLS」の方を購入。
「Holding The Moth」「Boy, Boy, Boy」UNDERWORLDらしいダンサブルサウンドもファンには受けるんでしょうね(笑)「To Heal」「Best Mamgu Ever」なんかは・・・・大人シックな音作りが心地よいですね~♪FANの中では賛否両論があるみたいですが・・・・私はこれはこれで幻想的で大人なUNDERWORLDが好きですけどぉ^^;

私の所有の過去アルバム「Live/ Everything, Everything 」ではダレン・エマーソンがまだ脱退前で・・・・のりのりのクラブ系エレクトロニカサウンド「King of Snake 」が炸裂~~o(≧~≦)oって感じでしたね。
2枚組み(DVD付き)ベストアルバム「1992~2002」はね・・・微妙に選曲悪しでした^^;幻想的で打ち込み音楽の癖に(笑)厚みのある音作りが貴方を虜にしますわ♪(笑)私にこのバンドの存在を教えてくれた人に感謝です(^_-)-☆(本当は繊細で超~~寂しがり屋なくせに・・・・強がる天の邪鬼な人だったなぁ~(。-_-。)。。o )
私は、UKブレイクビーツ系やエレクロトニカ系コンピCDはいつも車の中で聴く事が多いのですけれど・・・・愛車PASSATのアクセルも思わず全開になりますね(笑)

UNDERWORLD試聴♪

UK音楽シーンには欠かせない・・・・シーケンサーによる打ち込みによる音をサンプリングしてPC上で切り貼りみたいに作業し(同期化させ)音をつなげていく果てしない作業....。(結構果てしな~く地味な作業、同じことの繰り返しなのです。。。ε=( ̄。 ̄;))弟1号が『コルグ』のシンセ(プロ使用)を持っていて、趣味でトランス音楽を作っていたので見たことあるのです。私も少しピアノをやっていたのでいたずらしました.....。
自分で、喜多郎さまみたいな音楽を(^З^)ぷぷ・・・・・いたずらして作りましたが、ソフトの操作が表示が全て英語な為めんどくさい、地道な作業でした(爆)だから、非常にめんどくさいですし、いい意味でセンスと耳が良く無と出来ない作業でもある。録音エンジニアの耳(センス)も凄いいいのではないか?なとも思いました。(緻密な性格のPCオタクじゃないと(笑)出来ない作業かもよ?)
編集作業も大変だし....かなり別の意味で高度な作業と思いますね。演奏よりもしかしてこれだけ音に厚みをもたせるためサウンドチェックが大変じゃぁ無いかと???今、音楽業界は、みんなこれかも知れない(だって、直に演奏するよりサンプリングして再生したほうが、音がよりクリアーみたいなのです)詳しくは専門家じゃないので分かりませんので、この辺で止めときます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。