上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




マリア・カラス(1923~1977)
その名前は、クラッシックファンでなくても誰でも名前だけは取り合えず知ってる・・・そんな人も多いと思う。ギリシャ人の世界的なオペラ歌手「20世紀を代表する歌姫」「今世紀最高のディーバ」などと彼女を形容賛美する言葉と・・・その美しい気品ある歌声・・・なんと言っても際立つのはその容姿も気高く知的で美しい・・・そして、CHANELなどのオートクチュール(注文服)のトップモードを着こなすビジュアル的にも非常に目立つ存在だった人。
数年前に「ロミオとジュリエット」「ブラザー&シスタームーン」などの監督で知られるフランコ・ゼフレッリの「永遠のマリア・カラス」という映画を観たのですが今だBLOGにUP出来ず今年初めに観たジュルジュ・カビターニ監督の「マリアカラス最後の恋」とごちゃ混ぜですがカラスについて書いてみようと思いました。

永遠のマリア・カラス永遠のマリア・カラス
(2005/07/06)
ファニー・アルダン、ジェレミー・アイアンズ 他

商品詳細を見る

「永遠のマリアカラス」2002年 伊・仏・英・ルーマニア・スペイン合作   フランコ・ゼフレッリ監督

カラスは日本のファンの熱烈なラブコールで73年に来日し、全国主要都市でコンサートを開催しましたが私の住む北の街の某厚生年金会館でアンコールでプッチーニの「私のお父さん」(私の大好きな曲なんです(=^^=) を歌いその不出来さに引退を決意したとも言われています。当時は風邪を引き最悪のコンディションだったそうです(;へ:)
その後引退し、パリのアパルトマンに引きこもり生活をしていたカラスをジェレミー・アイアンズ扮する友人であり音楽プロディューサーのラリーがカラスを映画「カルメン」で(全盛期のカラスの声を修正して本人には口パク演技をさせる)再起させようとする夢のようなストーリー。ジェレミー・アイアンズといえば・・・・ダイハードでドイツ人のテロリスト役が嵌っていましたね(笑)

カラス役はフランスの実力派女優、ファニー・アルダンでなんと!!衣装は、自身のブランド
クロエCHANELのデザィナーを勤めるカール・ラガーフェルド
劇中・・・・CHANELは、本当に日本の様にキャバのおねえちゃんやこギャルやお笑いタレントが着こなせるブランドでは無く、カラスやファニー・アルダンのように仕事を持っていてある程度成功した知性ある大人の自立した女性に似合うお洋服という事が良く分かりますよ(^_-)-☆
プレタポルテ(既製品)でも一着数十万円しますし、オートクチュール(注文服)なら代表的なCHANELツイードのスーツで某有名作家の定期預金一本解約分だそうです^^;(笑・● 真理子女史)

マリアカラス最後の恋人

「マリアカラス最後の恋人」2005年 伊映画    ジュルジュ・カビターニ監督
ご存知既に故人となった・・・・カラスの恋人オナシスとの恋の話のストーリー。世界的に有名な歌姫で既に人妻だったカラスと海運王オナシスとの出会いから破局までを描いています




... 続きを読む
スポンサーサイト

haripin



SEO対策



DSC02699のコピー

相方のリクエストでWHISTLE@さんのハンチング帽を作ってみました。
母が入院していた為・・・バレンタインはゴディバのチョコだけで
プレゼント無しだったので・・・・(^▽^;)

実は、学生時代に一度・・・ブリムの付いてる普通の帽子を
作った事があるのですが・・・惨めな帽子でした(笑)
初めて作りましたが難しいのはステッチとカーブ部分の縫込み処理。
それと・・・アイロンかけかな?

相方は、頭が割りと小さいらしく^^;
よくコーチの帽子とかサイズを小さく調整するテープで
直させられていました(笑)

余布消化出来るし・・・
既製品の帽子ではサイズが大きく感じる私達には
意外と便利かも知れませんね~♪





haripin



SEO対策


DSC02667コットングレンチェックWFP5

前回は冬の生地・・・チャコールグレイのホームスパンツィードで作りましたが、お気に入りのシルエットのウインターハーフパンツの春・秋バージョンをクルールさんの生地コットングレンチェックで作ってみました。
これは・・・私の大好きな♪♪M65フィールドジャケット(=^^=) 去年のジャーナルの春物で偶然見つけて以来ヘビロテアイテムです。生地は微妙にストレッチが入っており少しウエストシェイプされた女らしいシルエットがお気に入りで・・・・このM65フィールドジャケットにも合いそう♪なぁ~~んて思いながらイメージして作りました。ミリタリーアイテムとかカーキ色が割りと好きなんですね(^_-)-☆LEEでもモデルの五明さんが着てましたね。

余談ですが・・・M65フィールドジャケットは1965年頃のベトナム戦争時に米軍兵士の為にデザインされた軍服アイテムですがその後・・・色んな形でアレンジされて街着として定着した凄い世界的なベストセラーアイテムなんですよね(笑)




 

SEO対策


あれエリザベス2

みなさん・・・・こんばんは♪
おいら久しぶりの登場でした(^▽^;)
実はおいら・・・相方さんが自作した粕汁をかぶってしまい
火傷していたのでした(;へ:)
rokoさんがお母さんの病院通いで忙しくいしていた頃に
相方さんが珍しく早く帰宅して・・・
台所で大張りきりで粕汁(名古屋風味)を作っていました・・・
おいら・・・食いしん坊なので相方さんの傍にぺたっ!!っと
くっついていたら相方さんおいらに躓き・・・
おいらがその・・・粕汁をお尻にかぶり
火傷してしまいました。

「うぇ~~~ん!!熱いよぉ~痛いようぅ~」
冷水でずっと冷やしてくれているrokoママを
おいら・・・興奮してて思いっきり齧ってしまいました・・・(;へ:)


で・・・今日は、こんなへんな格好で大変失礼しています・・・^^;
これは、相方さんにふざけて「エリザベス」を反対につけられちゃったんです(ノд-。)クスン


2008.03.14 春の気分♪





春物コート3

北の国に住まう人間にとって
待ち遠しい春がもうすぐ・・・・
ぴーんと張り詰めていた冷たい空気が
なんだか柔らかい匂いの空気に変わっていくのですが・・・・

私には・・・その張り詰めた時には厳しい
白い冷たい世界も捨て難いのです(。-_-。)。。o
白一色の眩しい銀世界とも
そろそろお別れしないといけないらしい・・・・


haripin



SEO対策


ストールカーディガンa

クルールさん2月の新着のパターン「ストールカーディガン」を早速作ってみました。
こちらはパターンパーツ数3枚と簡単なので久しぶりのミシン復帰作にピッタリです。
ワンマイル用の羽織り物でジーンズなどにも相性良さそうで・・・
車でお出かけの時にも皺にならず重宝しそうですね(^_-)-☆
キレイなカッティングのパターンなので
ドレープも美しい(。-_-。)。。o うっとり(笑)
ネックレスはお友達のMちゃんの手作りです♪♪









ぺルセポリス

「ぺルセポリス」
2007年仏映画(アニメ作品)
原作・監督・脚本  マルジャン・サトラピ

ボイスキャスト/声の出演(仏語版)
マルジ         キアラ・マストロヤンニ
マルジの母タージ   カトリーヌ・ドヌーブ


1970年代生まれの中東のイランのテヘランに住む女の子、マルジが主人公のパーレビ政権が倒れた時代・・・・激動の渦の中に巻き込まれて往くマルジとその親族や周りの人達・・・・。
背景はイスラム革命やイラン・イラク戦争勃発時をリアルタイムで体験している監督・原作・脚本を担当しているマルジャン・サトラピ自身の自叙伝的なストーリーをセピアカラーのアニメーションで非常に東洋的な美意識を感じる美しいコントラストの映画。

ちなみに・・・・英語版のボイスキャストはマルジ親子はキアラとカトリーヌドヌーブ親子で同じですがマルジの尊敬するアヌーシュ叔父さんにロック界の重鎮/奇才フジロックにも来てましたねぇ~(今も裸で頑張っちゃってる?!・笑)イギーポップ様に演技派俳優(私、結構好き♪)ショーン・ペンがマルジのパパ役で出演して話題になっています。





haripin



SEO対策


ポンチョチュニック4

母が自宅に戻り・・・元の二人と一匹の静かな生活に戻り・・・
久しぶりに夜・・・・・カタカタとミシンを踏みました。
パターンを購入してからずっと・・・・イメージしていた生地が見つからず
RICK RACKさんの12月の予約の生地が手元に届いたので
やっと・・・・形にできたポンチョチュニック♪♪
もぅ・・・・春が待ちどうしいですねぇ~o(≧~≦)o
インナーはリヨセルのREBONDIRで白と黒二色
購入したタートルハイネック(お袖にギャザーが入ってます)






haripin



SEO対策


WFカーディガンブークレーニット

母が倒れる前に作っていたクルールさんの
ダブルスリーブ・フレアーカーディガン
写真を撮り、BLOGにUPしました♪
生地は同じくクルールさんのブークレーニットのベージュです。
このパターンは・・・これで3枚目になります♪(=^^=)
お気付の方もいらっしゃると思いますが・・・・
この生地は、ケープジャケット
作った時の余布を消化しました(笑)











img母べい

「母べい」
2007年度 日本映画


監督  山田 洋二
出演  吉永 小百合
     浅野 忠信
     坂東 三津五郎
     笑福亭 鶴瓶
     志田 未来(子役)
     佐藤 未来(子役)

原作  野上 照代


母が退院したので・・・・相方と、ベットに貼り付けられていた母の(笑)歩行訓練&リハビリも
^^;兼ねて父と待ち合わせて(笑)結婚してから初めて家族で映画を観てきました♪

吉永 小百合・・・・と言えば「サユリスト」なる言葉があるように昭和の時代を代表するアイドル女優でもあり日本を代表する大女優でもあり・・・・私の中では、着物の超~♪似合う女優さんNO1でもある。
しかし、お年のことを語ると失礼ですが・・・私の母とそんなに変わらないのよね^^;(笑)
そんな小百合さまが・・・・小学校低学年と中学生の娘二人のお母さん役「母べい」を演じるのって!無理が無いか知らん???(^▽^;)と先入観の塊で映画に挑んできました(笑)
(前回 観た「北の零年」では。渡辺 謙様の奥様役とラブシーン・・・なんか、無理があったなぁ~なんて思っていたのです)

この物語は日本がシナ事変から太平洋戦争に突入していく昭和14年から16年の東京の下町の慎ましい家庭の物語ですが・・・普通の家庭と違うのは家長である夫、野上 繁(坂東 三津五郎)が元大学教授でドイツ文学者である繁が当時の悪法、治安維持法により検挙・拘留された所が普通の家庭と違います。
「戦争」にどんどんのめり込む軍部主導の日本の暗い物言えない時代に・・・真正面から戦争反対を唱えた繁とその家族、家族を支えた山ちゃんはじめ多くの心ある優しい正直な美しい日本人の姿がここで生き生きと描かれていました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。