上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルベット1

>THE VELVET UNDERGROUND(ザ・ベルベット・アンダーグラウンド)&NICO
                                           お薦め度★★★★☆


1、SUNDEAY MORNING
2、Ⅰ’M WAITING FOR THE MAN 
3、FEMME FATALEL
4、VENUS IN FURS
5、RUN RUN RUN
6、ALL TOMORROW’S PARTIES
7、HEROIN
8、THERE SHE GOES AGAIN
9、Ⅰ’LL BE YOUR MIRROR
10、THE BLACK ANGEL’S DEATH SONG
11、EUROPEAN SON

これは、ベルベットアンダーグラウンドのデビューアルバムで、1967年の音源を1996年に
デジタル・リマスター盤になったものをamazonで購入しました。
この伝説的な存在のアルバムは、なんと(@_@)ウォホールがプロデュースしていたんですね~
ご存知の方も多いかも知れませんが、このアルバムのジャケットデザインはあのエイズで無くなったニューヨーク在住の巨匠・アンディー・ウォホール氏です。

私的には、アンディー・ウォホールと云えば(笑)キャンベルスープのパッケージやコカコーラの瓶のデザインとかマリリン・モンローや、元ケネディ大統領夫人などの有名人のPOPなシルクスクリーンの作品のイメージが強いですね。
彼のシルクスクリーンによる肖像画は、当時のセレブのステイタスになり高額なギャランティで製作を依頼していたそうです(笑)

1967年のデビュー当時は、そのPOPなアルバムジャケットは大変話題になりましたがアルバムの音楽性事態は・・・・あまり評価されず、近年(最近)になり再評価されているようです。
そして思い出すのは、T・REXと並びグラムロックカルチャーを生み出したデビット・ボウイ
アルバムに入っていた曲、「アンディー・ウォホール」(笑)です。彼の名前をお経か呪文の様に語り続けるボウイ氏の暗い低音の声がなんか・・・子供心に好きでしたって、変な子だったんですよ~くすん(;へ:)ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリー様も憧れの人でした。

            私は、どうも金髪の男の人って苦手なようです。(笑)


... 続きを読む
スポンサーサイト
dsc07537.jpg

クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」に続く二部作「硫黄島からの手紙」を観てきました。
    奇しくも・・・公開日の設定は太平洋戦争勃発の翌日(真珠湾奇襲攻撃の日)です。
    アメリカ時間では1941年12月7日。日本時間では12月8日になります。
(そして・・・私の親族でこの日に生を受けた人がおり、全くの偶然なのか?なんなのか自然と、頭に入る記念日でもありますね~♪(笑))

ハリウッドの描く日本は「SAYURI」に代表されるように、全編英語&キャスト・スタッフは米国人か
もしくは英語圏の人達で構成され、大体着物や時代考証などがアメリカ人が勝手に解釈&強調した(苦笑)実に奇妙でおかしな?!日本人や日本文化が其処にある・・・・。
そして、スピルバーグと言う人の製作した映画は、私的には殆ど娯楽映画で余り好んで観る気は実はしなかったのが正直な所です。どうやら、私はマイナーなフランス映画が好きなタイプらしいので(笑)
しかし、今回はハリウッド映画でも異例の全編日本語&キャストも日本人(本当は当たり前?なんだけどね)で、硫黄島の戦いを日本側の視点で描いています。

dsc07533.jpg

>渡辺 謙さま演じる....栗林 忠道中将。地下足袋を履き徒歩で硫黄島をくまなく歩いて地形調べ、陣地の構築や戦略を考えている所。
常に身に着けていたのは、留学時代プレゼントされた米国製の45口径のコルトガバメント。
(米国人のジョン・ブローニング氏が作り出した銘銃で、1911年に米軍に公式採用されている。
百年近く経過した現在でも現役で使用されている。正式名/M1911-A1)
コルトガバメントは、短銃なので・・・・身に着けているのは多分自決用の為と思われる。
至近距離しか狙えない銃だから・・・。

dsc07358.jpg

>硫黄島総指揮官 (小笠原兵師団長)陸軍中将(大将) 栗林 忠道
北海道にもご縁があり、騎兵第七連隊長で旭川にも居たことがあるそうです。

次女のたか子さんは、戦後・・・父親と約束していた通り女優(東宝のニューフェイスに合格し2本ほど映画出演されて助監督だった、新藤氏と幸せな結婚をされ...ご子息には自由民主党衆議院議員の新藤 義孝氏がいらして、新藤氏は栗原 忠道中将のお孫さんになるんですね~。ビックリ(@_@)です。

監督/音楽 クリント・イーストウッド
製作    スティーブン・スピルバーグ
栗林 忠道/渡辺 謙
西郷/二ノ宮 和也
西 竹一/伊原 剛志
伊藤中尉/中村 獅童

2006年  アメリカ映画



正宗公座右の銘 正書

伊達政宗公 座右の銘」


仁に過れば(すぐれば)弱くなる。

義に過れば(すぐれば)固く成る。

禮(れい)に過れば(すぐれば)諂い(へつらい)となる。

智に過れば(すぐれば)嘘をつく。

信に過れば(すぐれば)損をする。


先日・・・思いがけず再開した書道でたまたま・・・書いたものです。
先生の教え方(私の大切な友人)が良いのでとっても、のびのび遊ばせてもらっております(笑)私の方が先にやっていましたが・・・彼女の方がさっさと師範の資格を取ってしまった頑張り屋さんです。
子供さんが、小さいのによくやっていると感心します。正座が大の苦手でお茶も途中で止めた経歴あり(^З^)ぷぷ・です。
私は、なんと!!バランスボールに座って(爆)書道しています。(駄目なんどぅわぁ~~)私の元々の字は楷書の見本(爆)のようなカッチリした男の様な文字で、書体は女らしさとはかけ離れています(笑)友人曰く・・・字は人を表す・・・と。まさにその通りだとも思います。

般若心経

何を思ったか!?先日・・・初めて書いた「般若心境(笑)心経」無心に集中して書いていると・・・嫌な事・忘れてしまいたいこと?!が忘れられるかな??(笑)*注:私は何処にも属していない全くの無神論者です(実家は新道)あしからず♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。