上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


私は、自分の生まれた頃の70年代のカルチャーや(所謂、ヒッピーカルチャー)音楽が
好きなのです。
なんだか、あの時代はフリーセックスばかりフュチャーされてるけど(苦笑)今、話題の
スローライフ&エコロジーな資源を大切にした人間本来の五感を大切にした暮らしが
この本の中に沢山紹介されています。

実は、昔....玄米食(古代米とかも)をしていたことがあるのですがどうやら私は、残念ながら(笑)玄米アレルギーみたいで、体に力が入らないのと湿疹に悩まされ今は、御米に一部雑穀米をまぜまぜして(笑)炊いています。
食品添加物に感心のある母親でしたので小さな時より、例えば煮干及びかつおで出汁を取る。
白い砂糖は一切使わない、おやつは手作りなど化学調味料は全く使わないお料理を食べさせ
られておりました....この年で(笑)肌がキメ細かくて綺麗と言われるのは恐らくそのお陰と
思っております。
口に入れる物は...健康も勿論のこと、精神のバランスにも影響するのです。
そして、一年の内に何度か断食した方が体の老廃物がとれて健康に良い様な気がしますね♪
いつか、挑戦してみたいのですが....(苦笑・間食は一切しなようにしています、毎日4,5キロをスポーツクラブでランニングと週3回筋トレをするようにしています)健康管理も自己責任ですから.....(笑)

この本は、30年以上も前に書かれた本ですがそうした食の大切さや資源や環境を大切に
自然と共存共生するという、エゴロジカルなスローライフを提案した本なのです。

             dsc05281.jpg


>著者のイラストと自筆(手書き文字・日本語はどなたが手書きでかいたのかな?(笑)
暖かいぬくもりのある本なのです。
1972年に初版が発行されました。アシリア・ベイロール著 深町 真理子訳(草思社)
帯には、谷川 俊太郎さんのコメントが寄せられています。
「節約時代を楽しき生きる生活の知恵」「この本にしるされたことをかたっぱしから自分の手で
試したい、せめて試す事を夢みたい。それだけでも私の人生は、きっと根本から変わるだろう。」

                          谷川 俊太郎

dsc05282.jpg

>非常にシンプルで原始的な型紙(原型)ですが当時の流行だったペザントルック風の
可愛いブラウスの作り方。 刺繍のしかた、ゴムタイヤのリサイクルサンダルなども紹介され
ています。
考えてみると....ここ数年はフォークロアみたいなピッピーカルチャースタイルがブーム
ですよね~♪
... 続きを読む
スポンサーサイト
とうとう.....例に拠って?「MI-Ⅲ」を観てきました。

しかも、ご招待でタダでございました(o(*^▽^*)oエヘヘ

今回は、ネタバレしないように注意して記事を書き込むことにしちゃいます(爆)

いやぁ~~ラブもう....トム様好きには、たまらない映画ですぞ♪キラキラ

相変わらず、走る!!走る!!(><)スタント無しで全て自分でやったそうです。

助骨を左右3本ずつ計6本骨折したそうです(;へ:)凄いプロ意識の強い俳優さんですよね~♪

私も、スポーツの怪我で肋骨2本骨折しましたけど...未だに痛いですよ(><)

43歳とは、思えない体力・身のこなしです。

「トップ・ガン」の頃よりは、格段に渋さを増して大人の男性になってきてますね。


今回はローマ・ベルリン・LA・上海が舞台でしかも、48時間の最も不可能なミッションです。

私は、2作目のトムの相手役の女の子(泥棒役)が凄いキュートで好きでしたね。

黒人なんですが、多分東洋系も混じっていて・アリーヤ程は美人では無いですが(笑)

とっても、印象に残っています。

私は、婚約者役のミッシェル・モナハンよりは、武器のエキスパートのマギー・Qの方が

タイプです(笑)多分、この人は元モデルでしょね。

バチカンで真っ赤なドレス姿を披露しますが、とってもエレガントです。



dsc05257.jpg



>ジャーン!!!おん年43歳(rokoは、もう少し年上の人が好きですが、多分45歳過ぎた頃には
渋くて、もっとステキな俳優さんになるんでしょうね(笑)
日本では人気ありますね~トム・クルーズさまラブちと、「007」のピアース・ブロッスナンさまの様
ですわぁ~♪渋くなったトムさまはステキでした~キラキラ

去年の春、我が北国の北大にご縁がありお札でも有名な新渡戸 稲造の「武士道」

を読みました。

山本 常朝の「葉隠」や宮本 武蔵の「五輪書」(上司よりの頂き物)も一応ですが...

読破したのです(笑)え?!「女が読む本じゃねぇよ?」(。-_-。)。。「そうかも知れない...」

「五輪書」は上司の元上司が宮本 武蔵の養子の直系で剣道の達人だった方から

頂いたものです。

元々、私は日本人の高潔さ潔さ清貧の思想には興味が無意識にあっったのでしょうが、

あるきっかけで....探求してみたくなったのでした。

それは、靖国神社の遊就館で直接特攻隊員の遺書に触れたことから始まりました。

日本男児について偉そうな事思ってたけど、我が大和撫子について「ふと」考えてみた.....

「武士道とは、死ぬ事と見つけたり(葉隠)」で、最終的には「自己否定」の世界である。

「憂き事のなほこの上に積れかし
                  限りある身の力ためさん(新渡戸 稲造)」

あらゆる困苦、逆境にも忍耐と高潔な心を持って立ち向かう。これが武士道の教えです。

女性の場合「武士道が求めた理想の女性像」これがまた(笑)凄い要求強いというか?

今じゃ殆どの女性は否定しますよ♪(笑)

              「家庭的であれ、女傑であれ」

本来は、男性の為の教えである武士道が望む女性像は矛盾(パラドックス)だらけである。


武家の子女は「薙刀」を男子の剣の訓練と同じく、不慮の争い等に備え武術として正式に

訓練している。

少女が成人に達すると「懐剣」(時代劇に姫が胸元に忍ばせている短剣がそれです)

を与えられた(これは、所謂貞操を守るべく与えられた物。次回に触れたいのであしからず)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。