上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

guitar.gif
最近・・・BLOGを更新してると文字を入力中に画面が固まりそのままダウン!!
今まで打ち込みした記事がパァ~になる状態に陥り、だんだん更新する時間が面倒になる。
(夜しか更新出来ないので仕方ないのかなぁ~^^;)

そして、カメラを変えたらPS/Eで加工中テキストが挿入出来ない(;へ:)
カメラのせいなのかWindowsの更新が原因なのか!?
ネットでマイPCの不具合を調べ、結局PSEソフトをアンインストールして
ソフトを再インストールしても症状は直らない(;へ:)
今朝・・・OLYMPUSのカスタマーに電話したら
なんと!!画素数の問題だった(^▽^;)(汗)&アホ(笑)
それで・・・画素数をHPサイズの「VGA」にすると直りました。

久しぶりに音楽ネタです^^;

img035a1のコピー
Orianthi 「 BELIEVE」
故MJ「THIS IS IT」の幻となったロンドンツアーのギタリストを
勤めたオリアンティがMJ「THIS IS IT」のDVD発売日に同時デビューしました。

私は、初回限定1980円盤を購入してみました。

12月に期間限定で公開されたマイケルの最後のステージ「THIS IS IT」を観た
最初は誰もが・・・まさか、マイケルと競演しているギタリストが女性だとは思わなかったのでは!?

24歳の女の子が弾いているとは思えない骨太で驚愕のギターテクニック♪

6歳でロック好きだった父親の影響でギターを始め
11歳で地元オーストラリアでカルロス・サンタナのライブを観てエレキギターに変更。

その後、15歳でプロのギタリストを目指す。

スティーブ・バイの前座や18歳になると再び訪れたサンタナとジャムセッションをし意気投合♪
そのままステージで競演を果たし、ZZトップ、プリンスなどともセッションし・・・
2005年に自主制作アルバムをリリース。

その後、グラミー賞のギタリストをしていて
故マイケル・ジャクソンからロンドンツアーのオーデションへ誘われて現在に至る。

... 続きを読む
スポンサーサイト

guitar.gif
Zさんからエリック・モングレインのDVDが送られて来た・・・・
手書きのお手紙も添えてあり音とともに和みました♪ありがとう(^_-)-☆ 
PCのクラッシュでメルアドが全て飛んでしまったのでこちらでお礼で失礼します^^;

エリック・モングレイン・・・・
名前は何処かで聞いているのかもしれないけれど、生演奏を見るのは初めてです。
お~~~!!なんと!!なぁんと!!
そのタッピング・ギタースタイル奏法は、私の秘蔵っこ^^;
故マイケル・ヘッジスさまスタイルに似てるじゃありませんか??
嬉しくなっちゃって・・・のアルバムを購入しちゃいました♪
(うーん・・・この人、本当に無類のアコギ愛好家なんだわぁ~^^;(納得&笑)

*********

フェイツ [Fates]フェイツ [Fates]
(2007/11/10)
エリック・モングレイン [Erik Mongrain]

商品詳細を見る

ごめんね^^;アルバムの曲はこちらの方が私好み(笑)
女子の私が聴いても・・・無条件で好きになりましたね(^m^)愛聴盤♪です。
マイケル ヘッジスとモングレインに共通するのは
私の勝手な妄想だけれど・・・ギターなのに
何処か廃れてしまった中世の楽器、チェンバロの音質に似ている感じがします。

*試聴はこちら♪ 



華麗で時にはシタールみたいな音にも聴こえてしまう・・・
彼は、自分をどう見せたら美しいか?
多分・・・・考えているタイプのミュージシャンなのではないかしら?
ラップ・タッピング・スタイルの「AIRTAP!」の見事なギターを堪能してみて♪
しかし・・・まるで修行僧のようなスキンヘッド^^;
故マイケル・ヘッジスさまに悉く似ている・・・
彼の影響を相当受けていそうですもんね。やっぱ・・・
(甲子園でも今は少数派ですな(笑)私は、割と好きですけどね♪)
14歳でギターを手にして(現在29歳)
独学でテクニックを取得した大変な努力家でもある。








SEO対策


いつも繰り返し聴く・・・・愛聴盤で(映画の話も)ちょっと・・・
私のコアな部分が見え隠れします^^;(苦笑)
York: Perfect SkyYork: Perfect Sky
(2000/09/12)
Francois Couperin、

商品詳細を見る

バージニア州出身でジェームズ・マディスン大学でクラッシックギターを専門的に学問としてもお勉強し、南カリフォルニア大学では修士号まで取っている本格派なクラッシックギタリスト アンドリュー・ヨークのアルバムです。オリジナルは1986年に米カルフォル二アで録音され1996年に再販された「PERFECT SKY」をここ最近・・・・良く聴いています。
「SUNDAY MIRNING OVERCAST」は・・・・女性クラッシックギタリストのパイオ二ア的存在の村治 佳織さんが確かCMで同じ楽曲を演奏していたかと思います。しかし・・・・私的にには彼女はあんまり上手いギター奏者とは思えないんですよね(苦笑)線が細いというか・・・タッチが優しいというか良い子ちゃん的と云うのか(笑)豪快さに掛けるといいますか・・・^^;
ヴィンス・ガラルティの曲やチャイコフスキーの名曲「金平糖の踊り」ディズニーの「星に願いを」なども選曲されていてクラッシックギターとエレキギターの演奏も半分くらいあり飽きずに楽しめます♪
Andrew Yorkのギターはテクニックを超越してるというのかな?!多彩なテクニックやフレーズが燦燦と注ぐ太陽の下のまるでプリズムみたいに溢れ出る光の放射線のようとでも形容すればよいのか・・・ジャズのテクニックやアメリカ人なのでカントリー&ウエスタンの要素の手法も取り入れて聴くものを飽きさせない・・・そんな、エネルギッシュで明るく華やかな・・・けれどもどこか脱線しすぎず一線を引いている(クラッシック畑出身なので)其処がまた彼の持ち味で個性なのかも知れない。

ふたりのベロニカ スタンダード・エディション [DVD]ふたりのベロニカ スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/25)
イレーヌ・ジャコブフィリップ・ヴォルテール

商品詳細を見る

「LA DOUBLE VIE DE VERONIQUE」
1991年 フランス=ポーランド合作
とてもとても・・・・大好きな映画でした。
ポーランドが生んだ奇才、故クシシュトフ・キェシロフスキ監督のミューズ イレーヌ・ジャコブが繊細な主人公をみずみずしくまた官能的に演じています。抒情詩的に描かれた美しい映像美もさることなら・・・・人生や男女の出会い「偶然/運命/性(生)/死(老い)」いろんな事が、全てにおいてシンクロし意味のあることでもあると若かった当時・・・・非常に影響を受けた映画です。そしてこれほど完成された映画って・・・他に見たことがないですね。
サントラもお薦めですが多分・・・日本では当時・・・入手困難で私は、パリのHMVで購入しました^^;

La Double vie de VeroniqueLa Double vie de Veronique
(1998/04/23)
Elzbieta TowarnickaAntoni Wit

商品詳細を見る

試聴が無いので二枚目に久しぶりに「you tube」貼ってみました^^;






未来への扉未来への扉
(1996/07/24)
エリック・ジョンソン

商品詳細を見る


最近・・・サボり気味の音楽ネタ
でも毎日、車の中やMP3等で色々聴いています♪
エリック・ジョンソンは、たまにお邪魔するCAFEのマスターのお薦めです。
マスター・・・本当は、こんな音楽が好きなのね(笑)
(てっきり・・・年上だと思っていたら・・・年下だった^^;)
ひゃぁ~~あ・・それにしてもエリック・ジョンソンって・・・

名前だけは聞いたことがあるけど・・・凄いギタリストだったんですね♪
テキサスのアンプ職人 H・ダンブルのオールハンドメイドの
アンプを所有しているんだそうです。
ダンブル氏は自分のお気に入りアーティストにしかアンプを製作せず
価格は米ドルで6500ドル以上する。
(90年代当時1ドル120円くらいだったと思いますが・・・)
そんな話題でも有名だったらしいです^^;




sozai

SEO対策


ふふふ・・・すっかり秋めいてきましたね♪
お洒落も何を着ようかと毎日楽しみで悩みでも有りますが・・・
昼休みや休日や夕食の後簡単にどこででも出来るので
最近嵌っている編物をしている時によく聴いている
私の大好きな音楽(j-pop)のご紹介です。

ちよっぴり・・・私のコアな部分が見え隠れするので実は恥かしいのですけれど・・・^^;
音楽は幼い頃からクラッシック/jazz/洋楽を聴いて育ったので
実は・・・・j-popはあんまり詳しく無いんですね(;へ:)
エデンエデン
(2004/09/08)
新居昭乃

商品詳細を見る

「 Roundabout Drive 」・・・ある人に教えてもらった曲なんだけど・・・
ふと思い出してアルバムを買ってみましたが・・・
新居昭乃さんの独特の世界観が歌詞やアルバムJK
勿論・・・楽曲全てに広がります。

二曲目「虹色の惑星 」は(森永カフェラッテCM曲のセルフカバーだそうです)
「ルビーの月 ヒスイの海」「レインフォレスト 」「Roundabout  Drive 」
この辺の曲が私は大好き♪
私が暮している北の空気みたいな感じでとても清涼感があります。
少女のようなピュアな歌声と午後の紅茶が似合います♪

Lounge Hip HopLounge Hip Hop
(2005/11/09)
Jade & Steve I.

商品詳細を見る

jadeの声が・・・とてもとても・・・キュート過ぎます♪
一曲目の「SUPPOSED To Be Mine 」で・・・多分、男性はノック・アウト♪
「I’ LL BE THERE 」・・・・とても好きな曲です。
日本製HIP HOPはM-floとかがメジャーみたいだけれど・・・
私は苦手(^▽^;)
けど・・・・STEVE Iのラップは聴き易くいけてます。

you’re not alon 誰だってさびしくなる泣きたくなる
そんな日は思い出して 離れていても心ひとつ
いつだって変らない
それぞれに描いた夢 叶う日まで歩きつづけよう
溢れだす優しさ全て 君に出会って初めて知った

今 この歌を伝えたい


                                 ~「I’ LL BE THERE 」 
この曲・・・・とても好きです(。-_-。)。。o        





sozai
ふぅぅ~~~~何だかんだと言っても9月ですねぇ(笑)
9月に入り・・・微妙に残暑になってきた北国の秋です
恒例となった(自分の中では)秋に聴きたい音楽いきます♪


SEO対策


First TouchFirst Touch
(2004/06/15)
Dominic Miller

商品詳細を見る

Dominic Miller<first touch>
ここで私の大好きなギタリスト♪ドミニク・ミュラーさんをご紹介します。この方は元ポリスのスティングさまの超~~♪お気に入りのお抱えギタリストでもあった方で・・・・非常に硬質な音作りでテクニックも抜群の人ですので今回は、「Shapes」と共に一押しでお薦めしちゃいます。アルバムもトータル的にかなり完成度が高いので何度も聞き返したくなる愛聴盤です。ロマンチックに夜空の星を眺めながら聴きたくなります・・・(;へ:)が出そうな位・・・・しんみりしたギターなんだな(笑)ドミニク・ミュラーさん・・・ホントにギター上手い♪です。

Dominic Miller試聴♪

Nine LivesNine Lives
(2008/04/29)
Steve Winwood

商品詳細を見る


STEVE WINWOOD<Nine Lives>

早熟の天才STEVE WINWOODさまも・・・今じゃぁ渋~~いオジ様(^З^)ぷぷ・・・どうせ私はオジさま好き(^_-)-☆(笑)いいもん♪
なんか・・・私・・・女好きで軽薄なキャラのE・クラプトンなんかよりカッコイイと思っています(ファンの方m(__)m)クラプトンさまとも親交がある元トラッフィックのSTEVE WINWOODの新譜です。大人で内面から滲み出るようなブルージィなサウンドはシビレます(笑)所謂、ホワイトブルース系の肩の力が抜けた・・・・リラックス出来るCDです。
以前にご紹介した「トラッフィック」の記事です

STEVE WINWOOD試聴♪













久しぶりの音楽ネタ・・・
あくまでも独断と偏見で選んでいます(笑)

ブラザーフッド-リミテッド・エディション-(初回生産限定盤)ブラザーフッド-リミテッド・エディション-(初回生産限定盤)
(2008/09/03)
ケミカル・ブラザーズバーナード・サムナー

商品詳細を見る


THE CHEMICAL BROTHERS <ブラザーフッド-リミテッド・エディション~(初回生産限定盤 )>
CHEMICAL BROTHERS の2枚目のベストアルバム。リミテッドエディションには、クラブ向けレアトラック集が付いてます。月曜日の深夜(正しくは火曜日)ケーブルで特番やってましたが・・・途中で余に眠くってリタイヤ(笑)
日産のⅩーTRAIL(Setting sun)やSONY「VAIO」(Let forever be)のCMにも使われているので何処かで耳にした事があると思います。5年前に「シングルス93~03」をリリースしていますので・・・・実は私、購入を今だ迷ってます(笑)アルバムでは「Dig Your Own Hole」がお薦め♪
しかしケミカルBや↓のUNDERWORLDの音作りは....打ち込みのシーケンサーで作られたと思えないほど自然で(多分、シタールやアコースティックなサウンドを上手く取り入れている為)聴いていて、とても幻想的な感じもする曲も多いので好きなのかな?ノリがよくつい!踊りだしたくなるような曲も多く新曲 「MIDNIGHT MADNESS」 も入ってるし・・・・やっぱりこれは、お得なベスト盤かも知れないですね(笑)入門篇でどうでしょう?

Oblivion with BellsOblivion with Bells
(2007/10/16)
Underworld

商品詳細を見る


UNDERWORLD<Oblivion with Bells>
私の中では・・・FLOYDと共に特別な存在のUNDERWORLDの世界。
新曲の「Parc」が入った新譜「The Bells! The Bells! (Remixes & Videos from the Oblivion with Bells album) 」(DVD付き)が先月発売になったのですが・・・・「Oblivion WITH BELLS」の方を購入。
「Holding The Moth」「Boy, Boy, Boy」UNDERWORLDらしいダンサブルサウンドもファンには受けるんでしょうね(笑)「To Heal」「Best Mamgu Ever」なんかは・・・・大人シックな音作りが心地よいですね~♪FANの中では賛否両論があるみたいですが・・・・私はこれはこれで幻想的で大人なUNDERWORLDが好きですけどぉ^^;

私の所有の過去アルバム「Live/ Everything, Everything 」ではダレン・エマーソンがまだ脱退前で・・・・のりのりのクラブ系エレクトロニカサウンド「King of Snake 」が炸裂~~o(≧~≦)oって感じでしたね。
2枚組み(DVD付き)ベストアルバム「1992~2002」はね・・・微妙に選曲悪しでした^^;幻想的で打ち込み音楽の癖に(笑)厚みのある音作りが貴方を虜にしますわ♪(笑)私にこのバンドの存在を教えてくれた人に感謝です(^_-)-☆(本当は繊細で超~~寂しがり屋なくせに・・・・強がる天の邪鬼な人だったなぁ~(。-_-。)。。o )
私は、UKブレイクビーツ系やエレクロトニカ系コンピCDはいつも車の中で聴く事が多いのですけれど・・・・愛車PASSATのアクセルも思わず全開になりますね(笑)

UNDERWORLD試聴♪

UK音楽シーンには欠かせない・・・・シーケンサーによる打ち込みによる音をサンプリングしてPC上で切り貼りみたいに作業し(同期化させ)音をつなげていく果てしない作業....。(結構果てしな~く地味な作業、同じことの繰り返しなのです。。。ε=( ̄。 ̄;))弟1号が『コルグ』のシンセ(プロ使用)を持っていて、趣味でトランス音楽を作っていたので見たことあるのです。私も少しピアノをやっていたのでいたずらしました.....。
自分で、喜多郎さまみたいな音楽を(^З^)ぷぷ・・・・・いたずらして作りましたが、ソフトの操作が表示が全て英語な為めんどくさい、地道な作業でした(爆)だから、非常にめんどくさいですし、いい意味でセンスと耳が良く無と出来ない作業でもある。録音エンジニアの耳(センス)も凄いいいのではないか?なとも思いました。(緻密な性格のPCオタクじゃないと(笑)出来ない作業かもよ?)
編集作業も大変だし....かなり別の意味で高度な作業と思いますね。演奏よりもしかしてこれだけ音に厚みをもたせるためサウンドチェックが大変じゃぁ無いかと???今、音楽業界は、みんなこれかも知れない(だって、直に演奏するよりサンプリングして再生したほうが、音がよりクリアーみたいなのです)詳しくは専門家じゃないので分かりませんので、この辺で止めときます。




 



最近は、あんまり聴いていないハードロック(ブリティッシュ系が特に好き♪)
突然・・・思い出した様に聴いたりしますが・・・最近、大音響が疲れる年齢(^▽^;)に達してきましたので・・・パープルの我儘天才ギタリストのリッチー様の奥様とのユニットのブラックモアズナイトを聴いています。
エレキギターも上手い人は・・・当たり前だけれどアコースティックギターも抜群に上手い♪♪と、思わず納得で唸ってしまいました(笑)
孤高の天才ギタリスト(俺様男)の安住の地は意外な所にあったんんですね~~^^;(大袈裟??)

シャドウ・オブ・ザ・ムーンシャドウ・オブ・ザ・ムーン
(2002/02/20)
ブラックモアズ・ナイト

商品詳細を見る

レインボウもパープルも知らない人でも直ぐ好きになる癒し系のアルバム♪
中世ルネッサンスやジプシー音楽を網羅しクラッシック(白鳥の湖)までアレンジしており歌詞はキャンデスさまの手によるロマンチックな内容です(笑)奥様のキャンディ・ナイトの美声は曲の良し悪し^^;やアレンジも超越するくらい癒されるし・・・・とても好きな声ですねぇ~♪(実際、アレンジは非常にいいです)北欧の空気みたいな爽やかなサウンドとボーカルでお薦めします(^_-)-☆
ちなみに・・・今の所・・・このアルバムしか持っていませんが^^;ちょこちょこ揃えて行きたいです♪
私は、リュート集やこういう中世の時代の牧歌的なフォークソングなんかに興味が元々あったのですが・・・リッチーも前々からこういうタイプのトラディショナルな音楽に非常に興味があったらしいですね。
流石はイギリス人だなぁ~と・・・・一人、またそこで感心しました(笑)
ちなみにリッチー様は、中世音楽の研究家としても意外と有名な存在だったみたいです。聞けば二人とも元々出会う前から中世の音楽が大好きだったとかで・・・・やっぱり、出逢うべくして出逢ったカップルなんでしょうね(^_-)-☆

残念ながら・・・ブラックモアズナイトはミュージックサンプラーの試聴リストに上がって来ないんですですね(;へ:)なんでだろう???
リッチーさま・・・↓ 過去のお写真から見ると・・・別人のように優しいお顔になってて(笑)幸せそうなリッチーもいいもんですねぇ(笑)だって・・・奥様はモデル並の美貌の金髪美人♪
ブラック・ナイトリッチー・ブラックモア伝ブラック・ナイトリッチー・ブラックモア伝
(2007/11/30)
ジェリー・ブルーム

商品詳細を見る

なんか・・・知らない間に(去年)こんな本が出たらしいですねぇ~~あんまりリッチー個人のことは詳しくないので(^▽^;)これでも買って勉強しないと本当はファンの人には怒られちゃいそうです(苦笑)
なかなか・・・・不敵な目付きの人ですねぇ~~~(^▽^;)睨まれたら・・・固まりそうですわ(笑)こんなにバンドを点々とした人もロック界史上珍しいし・・・あんまり居ないんじゃないですかね??(笑)

 


SEO対策


近頃・・・年の離れた兄の所有のCDを拝借して聴いている音楽です。年代はさまざまで結構古めの音楽もあります。あんまり詳しくないのですが・・・・元々私はアコギサウンドが好きみたいで相方が出張だったりする・・・一人、(笑)物思いに耽る夜にはこんな音楽を聴いています。
あんまりジャンルは気にしない方で・・・・自分のその時の気分や気持ちに沿ったものを選んで聴くというパターンなのです^^;
それと・・・いつかブルースなんかもちゃんと聴いてみたいなぁ~と・・・(。-_-。)。。o先の楽しみのように取って置いています(笑)

QuarterflashQuarterflash
(1991/05/27)
Quarter Flash

商品詳細を見る
 

本当は「TAKE ANOTHER PICTURE」このアルバムが一押しなんですが・・・・プレミア付いて凄い値段になってますねぇ・・・・^^;ビックリです。
女性ボーカルなので個人かとおもったらQUARTER FLASH って・・・・バンド名なんですね^^;
なかなか哀愁あるサックスもいい感じな音作りで・・・私はリンディの説得力!?ある歌声に何故か惹かれるのです・・・・なかなか知的な感じの芯のある女性ボーカルでもありますね♪
サックス&女性ボーカルといえば・・・・やっぱり・・・オランダのキャンディ・ダルファーなんでしょうか?(笑)
「TEKE ME TO HEART」(これ一曲しか知りませんでしたが) ・・・・この曲にやられました(^▽^;)

「teke me to heart」試聴できます♪  


サンフランシスコ・ベイ・ブルースサンフランシスコ・ベイ・ブルース
(1993/04/01)
フィービー・スノウ

商品詳細を見る

74年にデビューした・・・・フィービー・スノウのベストアルバムになるのかな?
兄が持っているのとは違いますが・・・この日本盤の「PHOEBE  SNOW」は彼女の一押しのアルバムです♪(笑)本当はね・・・・他には聴いた事ないんですけど・・・(^▽^;)中学生位から聴かされているのですが・・・・
なかなか好きですね♪この声も、アコギサウンドもJAZZ/フォーク/ゴスペル/ブルースも・・・
ボブ・ジェームスがオルガンを・・・テディ・ウイルソンがピアノで・・・・サックスでは、ズート・シムズ・・・ギターに於いては、トラッフィックのオリジナルメンバーだったデイブ・メイソンやデイビッド・プロムバーグなどがバッカップしていて新人のアルバムにしては破格の待遇でデビューした彼女はアフリカ系米国女性だと思ったら・・・白人女性だったのもビックリ(@_@)です。彼女は、故カレン・カーペンターとも親交があったみたいですね。
此処でご紹介したアルバムの中ではジャクソン・ブラウンと共に一番好きなアルバムです♪
「Good Times 」「San Francisco Bay Blues」 「I Don't Want The Night To End」などがお気に入り。

彼女の74年デビューアルバム(日本盤は既に廃盤)試聴できます♪ 









 


SEO対策


今日は・・・ELSAに代表されるような・・・
基本的に女のコの歌声が好きな私^^;
(別に変な趣味ではありません(=^^=)
個人的に好きなガールズロックのかずかずをご紹介します♪
古くは・・・スージー・クアトロに始まり・・・
バングルズとかのエンセンスが受け継がれている
見た目SWEET♪でも骨太ロックよ♪♪
のガールズロックの世界。

Krystal MeyersKrystal Meyers
(2005/06/07)
Krystal Meyers

商品詳細を見る


Krystal Meyers 「絶対自分主義!」で有名な???Krystal Meyers ちゃん(笑)
かなり・・・意思的な声と主張もある骨のあるガールズロック系かな??
ちゃんと自分で曲書いてますね~エライですね(^▽^;)(笑)
お顔が私の親戚の子に似てるので・・・・
(私の一族は目がデカくってくどい顔なんです(^▽^;)親近感ありますねぇ~関係ないけど(笑)

DSC03257krystal.jpg

かわいいね(^_-)-☆従姉(今時の高校生)に顔が似てますなぁ~(笑)
R&BのRihannaといいアギレラといい・・・・
この頃は、ルックスもしっかり可愛い子ちゃんで
楽器もちゃんと演奏出来ます!
勿論!曲も詩も自前で書きます!!!(*^ー゜)v
ボディも磨いてダンスも上手い♪
歌唱力ある実力派が当たり前♪ショウビジネスの世界です(^▽^;)

 Krystal Meyers 試聴♪

フォールンフォールン
(2003/08/27)
エヴァネッセンス

商品詳細を見る

全体にヘビメタ・グランジっぽい感じなのですがボーカルが非常に上手いです。一応私の中ではガールズロック系^^;に分類。
密かに・・・リスペクトしている人に作って貰ったコンピCDに入ってました(。-_-。)。。o
心身共に元気でパワーの在る時じゃないと・・・魂吸い取られそうですわ(^▽^;)
「My Immortal」「Hello」など一転して切ないメロディ・・・・バラードは、「ぞくっ」と鳥肌もので思わず聞惚れてしまいますね~♪
歌唱力や曲の構成は素晴らしいと思います。めちゃめちゃお薦め♪(^_-)-☆

 Evanescence試聴♪ 







最近・・・観ている映画が・・・・ことごとく私が生まれた70年代の出来事が描かれている映画を観る機会が多い。
この時代はファッションやカルチャーも独創的で自由で大らかな感じかして好き♪だな(=^^=)
音楽好きの私も、テクノ・・・トランスなども日々聴いたりしますが・・・基本的に好きなアルバムやミュージシャンが多いのは70年前後の音楽。
以前ご紹介した大好きなジミヘンもこの時代を駆け抜けるように逝ってしまった逸材(;へ:)
あの哀愁ある切なく悲しげな声が私は堪らなく好きです。彼のギターフレーズを真似する人は沢山居るけれど・・・彼の独特のフィードバックする演奏法やアドリブで奏でる・・・あの個性的なギターフレーズは彼だけにしか表現出来ない・・・死しても尚・・・永遠に他の追随を許さないギタリスト それがジミヘン♪
過去記事でも沢山、60年後半から70年代の音楽をご紹介しています。

Psychedelic Sundae: The Best of Vanilla FudgePsychedelic Sundae: The Best of Vanilla Fudge
(1993/01/25)
Vanilla Fudge

商品詳細を見る

*試聴♪ 
「YOU KEEP ME HANGIN’ ON」・・・・この旋律・・・あまりにも有名ですね(^_-)-☆
私のもっとも好きな楽曲の一つなのです。ファンキーで時代を感じるアルバム♪(これはデジリマではありません(^▽^;)あしからず・・・・)
この時代の音楽は・・・・シンセが無いので非常に楽器がシンプルですが・・・オリジナリティが在りますねぇ(^_-)-☆ドラムにはあの・・・ジェフ・ベックともグループを組んでいたカーマイン・アピスが初期メンバーに居てまた(@_@)ビックリ!!です。

青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2006/01/12)
プロコル・ハルム

商品詳細を見る

正確には1967年に発売された「青い影/A WHITER SHADE OF PALE 」・・・・
曲目を知らなくてもみんな聴いたことのある余にも有名な曲・・・バッハの「G線上のアリア」のメロディに酷似しているメロディラインや今は生産されていないハモンドオルガンの旋律・・・堪らなく好き♪ですね(私の場合・・・好き嫌いか?なんです(笑)
このハモンドオルガンの音色・・・・・「ジュテーム ノン プリュス」でも使われてて・・・・
当時、ゲーンスブールがB・バルドーにオファーを出したら・・・その余に卑猥な歌詞の為(^▽^;)断られ・・・結局、その後ゲーンスブールの妻になったジェーン・バーキン(シャルロット・ゲーンスブールの母)の代表曲になりましたね。
プロコルハルムのデビューアルバムだそうですが・・・・なかなか良いアルバムです♪
ビートルズは・・・私、基本的に駄目(^▽^;)なんですが・・・この辺も同じくクラッシックROCKのジャンルになるんでしょうね?
ケミカルBやUNDER WORLDなどのシークエンスで打ち込みしていく音楽より・・・やっぱり、身体を使って演奏している「魂」を感じるからなのでしょうか?音質は確かに良くないのですが「人間らしさや生」を感じ取れるのが・・・もしかしてこの時代の音楽の良さなのかも知れないですね。

*「青い影/A WHITER SHADE OF PALE A 」試聴♪


ベストベスト
(2002/09/21)
ジェーン・バーキン、ジミー・ロウルズ 他

商品詳細を見る

ちなみに・・・「ジュテーム ノン プリュス」が入ったベストアルバムです。
ゲーンスブール・・・不良がオヤジなったようなちょい悪ですが・・・・フランス・ギャルの元祖ロリータやウイスパーボイスをこの世に広めた凄い人!低音のゲーンスブール声・・・結構、タイプです(^▽^;)
*試聴♪ 





今日は久々に音楽の話題です(。-_-。)。。o
母の看病で最近はBLOG更新あんまり真剣じゃないんですが・・・・
10歳年上の兄の影響で小学生の頃からブリテッィシュロック・・・・結構、好きで聴いていました。
音響はあまり良くないんですが、病院通いの会社所有の軽自動車の中で密かに・・・聴いていた音楽のご紹介です。(笑)
車の中で・・・このバンドと大好きな♪トランスのUNDER WORLDのコンピCDを何故か交互に聴いていました(笑)(パサードは排気量3200ccの四輪駆動なのでガソリン食いまくり^^;ですからねぇ~)

私の母はPINK FLOYDの大ファンFLOYDのバレエのDVDも密かに購入していました(^▽^;)音量は小さめですが「炎」を聴いたりしています(笑・恐るべし!!)

永遠の不安永遠の不安
(2002/09/21)
ウィッシュボーン・アッシュ

商品詳細を見る

順番が逆ですが・・・・私の好きなアルバム順に並べてみました(笑)
90年代初頭に「ライブ・デイト」で米進出に成功し、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」をヒットさせた有名プロディューサー、ビル・シムジックの元、米国マイアミで録音された「永遠の不安」
所謂・・・売れるサウンドを目指したのか!?ギタリストが変わっています・・・・テッドが抜けてローリー・ワイズフィールドという若手の新人ギタリストを起用。比較的音作りが硬質になっていて初期の頃の荒削りなサウンドが洗練されたインストゥルメンタルになっていて初期の頃からのwishbone ashファンにはきっと・・・賛否両論だったのではないでしょうか??(笑)「Persephone」「Lady Jay」などの名曲や、私はこの大人ちっくなwishboneのアルバム堪らなく好きですけどね♪

 「永遠の不安」試聴♪


百眼の巨人アーガス+3 30thアニヴァーサリー・エディション百眼の巨人アーガス+3 30thアニヴァーサリー・エディション
(2002/05/29)
ウィッシュボーン・アッシュ

商品詳細を見る


「百眼の巨人アーガス」
初期のwishbone ashの魅力を思う存分堪能できます♪一押しのアルバム。
時代を感じますが・・・・アンデイ・パウエルとテッド・ターナーのフライングVとストラットキャスターのツインリードギターとこの牧歌的なアコースティックサウンドが堪らなく好きです。
哀愁感たっぷりの・・・「The King Will Come」「Warrior」「Phoenix」なんか最高っ!!(*^ー゜)v
アルバムとしてトータル性もあり、私の好きなブルース系のギターソロも組み込まれていてPINK FLOYD好きな男性は割りとwishboneは好きかも知れませんねぇ~(笑)もしかしてこのアルバムが彼らの最高傑作なのかも知れない(笑)
ベーシストのマーティン・ターナーさんの優しい男性的な声・・・・シビれます(。-_-。)。。o

 「百眼の巨人アーガス」 試聴♪


... 続きを読む





シャネルの広告でもお馴染みの元スーパーモデル カーラ ブルーニ
最近・・・お部屋でソーイングする休日や夜遅くによく聴く彼女のデビューアルバム。
カーラは仏語の呼び方で、伊だと舌を丸めてカルーラでしょうか??

シャネルのデザイナー カール・ラガーフェルドの超~♪お気に入りモデルでも有名。
ランウェイを歩く長身の彼女もかっこいいけれど・・・・よくバックステージでギター片手に自作の歌をケイト・モスなんかの膝の上で歌っていた写真を雑誌で見かけたことがある。

元々カーラはイタリア人なんだけれどフランス育ち。
育ちが良いと言えば・・・この人も育ちの良いお嬢さま。御爺さんは伊のタイヤメーカー
「ピレリ」 の創始者で両親は音楽家なので幼い時より楽器に親しみ本格的な指導や教育も受けているそうです。
さばさばした「おねえさん」という印象のカーラのデビューアルバムは一曲を抜かし全てフランス語で歌われています。
実は・・・私は、しゃがれ声は苦手ですが・・・・カーラの歌や声は聴いてる内にどんどん好きになり癒され嵌ります(笑)まるで・・・「酢こんぶ」みたいな感じo(≧~≦)o
此処の所・・・・数週間は必ず毎日カーラのこのアルバムを聴いています。

ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ
(2004/04/28)
カーラ・ブルーニ

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

去年BLOGで 「秋に聴きたい音楽」 を特集したことがあるのですが・・・
今年は、思い出したら^^;もう・・・冬に近い時期になっていました。(笑)
先日も、 「北欧の空気を感じる音楽」を特集したので良しとしておきます。

今日は・・・私のコアな部分が露出するので・・・^^;
本当はあんまり人に教えたくないわたしの秘密のとっておきの(笑)
大好きな女性シンガーサラ・マクラクランのご紹介です。
悲しい時・・・
特に一人になりたい時・・・・
一人で東京に行く飛行機の機内や山手線の車内でガンガン聴きまくりました(笑)
一人でくつろいでる時間によく繰りかえし聴くんですが・・・・
理屈抜きに癒される声のシンガーソングライター・・・サラ・マクラクラン

サーフィシングサーフィシング
(1997/09/26)
サラ・マクラクラン

商品詳細を見る
 
「surfacong」1997年★★★★★

 「surfacong」試聴♪  

「adia」が↓のアルバムにも入ってて・・・私の一番好きな曲なんです。
もう・・・泣きたくなっちゃう程(;へ:)切なく歌うこの人の声・・・惚れ抜いています。
暗かった^^;学生時代とともにサラの歌声や歌詞で心から癒されていました・・・
今も変わらず大好き♪この人の真摯な声とアコーステックなサウンドと出逢ったのも「運命」を感じる時がある。これほど人の心を打つ声のシンガーに出会ったことは無いと私の中ではそう思います。

MirrorballMirrorball
(1999/06/15)
Sarah McLachlan

商品詳細を見る

MIRRORBALL試聴です♪

「MIRRORBALL LIVE」1999年★★★★★
「surfacong」が大ヒットした翌年のツアーを収録したLIVEアルバム。
ライブはあんまり音源がクリアーじゃないので基本的には好みではないのだけれど・・・
これは安心して聴けます♪「ビルディング・ア・ミステリー」も好きだな(。-_-。)。。o


エディア・・・貴方となら一緒にやり遂げることが出来ると思った・・
しかし・・・・私には貴方の価値感まで変える事は出来ない・・・・
決して、裏切ることの無い友達に・・・
貴方が去ってしまった後・・・私の心は空っぽのまま・・・

「エディア」の歌詞なんか・・・私の心のツボだったりして^^;(きっと、男女の友情を歌った歌なんだよね)学生時代とても暗い性格の内気な子だったので・・・男の人が苦手で恐かったことがあるのでストーカーとかそういう話題の歌詞なんかも共感したりしてたなぁ~~^^;汗。
今じゃぁ~~恐れられていたりして・・・o(*^▽^*)oエヘヘ
一方的に好きになられるのって・・・・私はそんなエネルギー持ち合わせていないので恐いと思った・・・。男女の友情関係でいたいのに男と女は難しいな・・・(女の友情も難しい・笑)
実は鬼束ちひろ(デビュー当時)も好きなんですが・・・微妙に雰囲気似ているかもしれないね。

最近はアンニュイなカルーラ・ブルーニとか女性シンガーかアコギ系ばかり聴いていますね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

sozai


北欧・・・というと、↑のトナカイやグリーグのピアノや交響曲の旋律のイメージ・・・
それにそれにフィヨルドや氷や雪や研ぎ澄まされた・・・
ピーンと張った空気の世界。
私の生まれ育った北国にも沢山・・・共通点が一杯あります。

実は・・・あんまり回数は多くは無いんだけれど・・・スエーデンの人とたまに葉書やメールの
やり取りをしています。
手紙で読み聞いていた憧れの地・・・北欧の今日は、素敵な音楽をご紹介します。

北欧の音楽というと、まず頭に浮かぶのはやっぱりアバ・次にカーディガンズ・ロクセット
私の大好きなメイヤ・マーヤDENのSAYBIAノルウェーのSAVOYなどなど・・・
jazzなんかも、根強い人気が在るらしいですね~。

Riot on an Empty StreetRiot on an Empty Street
(2004/07/27)
Kings of Convenience

商品詳細を見る


KINGS OF CONVENIENCE
★★★★★愛聴盤♪(試聴も出来ますよ)
私の一押しのグループです。
ノルウェーのベルゲン出身のアコースティック・デュオによる3枚目のアルバム
何処か・・・古き良き時代を感じるオールドフォークソングの切ない珠玉のメロディは心地良く・・貴女を北欧の旅へといざないます(笑)
サイモン&ガーファンクルっぽくもあるので、団塊世代のお父さんにも受けるかも?!(=^^=)
ウッド・ベースの音色がなかなか渋くもあり、心地良さはぬくぬくという感じでしょうか?
もし・・・暖炉があったら(笑)チェスをしながらこんな音楽聴きたいな♪
家は・・・もっぱら、将棋派ですが・・・^^;微妙“(--;)ウン・・・
ちなみに・・・ペンパルのHelnaちゃんに教えて貰いました(=^^=) v

本当の一押し♪はこちら(^_-)-☆北欧の雰囲気を感じて下さい♪
(アマゾンに無かったのです・北欧ではコーヒーのCMにも使われていたそうです)

 sofia and anna/ Du Calmmit (YOUR eyes) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





休日に聴きたい音楽のシリーズもあるのですが・・・今日は、週末に向けて聴きたいなぁ~と思っている音楽のリストUPなんぞを備忘録的にまとめてみることにしました。

*あくまでも・・・私個人の独断と偏見でピックアップしてますんで、参考になるかどうか分かりません^^;

グレイト・ヒッツグレイト・ヒッツ
(2005/05/25)
T.レックス

商品詳細を見る

 

「T・REX  GREAT HITS」T・REX
★★★★時代を感じます^^;

試聴サイトはこちら♪(アルバムは違いますよ)
 

かなり古い音源で70年代初頭に一世を風靡したバンドです。
T・REXとはテラノザウルスの事で名前はご存知の方多いと思います。私は、JKと名前で衝動買い^^;でした(笑)ベストアルバムなので・・・・聴きやすいのでたまに思い出してその日の気分で聴いたりします^^;
こんな・・・意外な音楽も許容範囲です。
ジャンルは、所謂グラムロックになるのでしょう・・・・代表的な所で大御所 デヴィッド・ボウイやベルベッド・アンダーグラウンドのルー・リードなどがいますが(この前、フジロックに来日していたイギー・ポップもそうなのか?!あんまり詳しくなんいで多くを語らずにしておきます)
ブギウギのリズムや短調なマークの退廃的な低い声がまるでお経のようにも聴こえるのですが・・・UNDER WORLDやエレクトロニカ系のハウス系にも影響を及ぼしてるのか定かではありませんが、70年初頭の音楽にしては古さを感じさせないキュッチュでポップな感じでシンプルでタイトでお洒落な感じがします。
グラム・ロックは70年代初頭・・・・ロンドンブーツに代表される若者のポップカルチャーのシンボルみたいなものだったらしいです。
ちなみに・・・このボーカルでリーダーのマーク・ボラン氏は、私の大好きな♪PINK FLOYDの初期の頃に所属していた事務所が同じだったんです。
彼のくりくりカーリーヘアは、奇才シド・バレットに憧れて真似していた話・・・最近知りました(笑)
なんと!僅か29歳で他界しているそうです。
この人ホモだったらしいですが(笑)奥さんと、VWビートルで交通事故死しちゃったらしいのですが・・・昔のビートルは空冷式のエンジンで後部に搭載されており前は空っぽだったんで衝突事故の際、ダメージが強かったんですね~^^;
D・ボウィといいマーク・ボランといい・・・低音な声が非常に男性のセクシーさを感じます(笑)実は・・・・私は、声の低い人が好きなんですよね(-。-) ボソッ
デカダンスの世界を感じてみて下さい♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






ちゃっかり・・・・シリーズ化している「休日に聴きたい音楽」
今回は、そろそろお盆休みなので夏休みバージョンでチョイスしてみました(^_-)-☆

ボンジュール・マドモアゼル ボンジュール・マドモアゼル
オムニバス、マリー・シャンテ・トレネ 他 (2005/09/07)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

「ボンジュール・マドモアゼル」オムニバスコンピCD

★★★半

「parisガールズ」1・2シリーズの第三弾♪のフレンチポップのコンピCD。(わたしも全部持ってます)特に有名アーティズトではありませんが・・・今回は聴き易く粒ぞろい♪いつも、JKの女の子がかわいい(笑)特に、ファッションや生き方・髪型やナチュラルなメークやスタイル全て私の大好きな♪尊敬する人 フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」(クリックすると、アンニュイなアルディさまの原曲が聴けますよ♪)のカバー曲も最後にあり、嬉しくなりました♪若々しくて(笑)なかなかでした。蒸し暑い日冷房の効いた部屋で・・・・まったりと聴いて下さい♪(私の所・・・実は、寒いんですけどぉ~~~…|||(-_-;)||||||)

風をだきしめて+1 風をだきしめて+1
マーヤ (1999/05/19)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

「FIRST IN LINE」maarja

★★★★★お薦め♪

エストニア出身の女性シンガーmaarja(マーヤ)
これ・・・ある人から教えてもらってそれ以来気に入って聴いています♪(その人・・・元気なのかな??^^;)デビューアルバム時は17歳だったマーヤも現在は27歳。たどたどしい英語でかわいいガーリーな声でピュアな雰囲気がとても心を癒されます。
高音のボーカルもメロディも美しい北欧の風景さえも感じる「Hugh hope」や、一番好きな曲は「Ⅰ know you are the one」です。
「MY home town」「What in this world」などは、ポップでモータウン系のサウンドありのバラエティに富んでいてとても聴きやすいアルバムで、私の愛聴盤です。
エルザやピュアでガーリー系ボイスの好きな方は絶対!!嵌ります♪
男の人は、結構・・・この人の声が好きかもね(^_-)-☆って、この人の声・・・嫌い!っていう人が多分・・・居ないかと^^;(笑)マーヤを聴いてお仕事の疲れを癒してみてはいかが??
最近は、母国語(エストニア語)でアルバムを出しているらしく残念ながら・・・日本では新譜は販売されていないようです。現地ではアイドルスターなんですって♪maarjaのミニアルバム「haert」の中の「Just Missed The Train」なんかも切ないメロディーで好きですね~♪

*maarja試聴サイトです♪* 










キャンドルroko1

6月22日から24日の20時から22時までの間・・・明りを消してスローな夜を2時間過そうという企画をCHECK&STRIPEのオーナーさんのBLOGで知り、早速♪実行&参加してみました。
アル・ゴア氏の 「不都合な真実」の影響もちょっぴり(笑)
その企画はカナダが発祥だそうで「100万人のキャンドルナイト」 といいます。

*****毎年・・・夏至と冬至に実施しているそうですよ~♪






ミスター・ファンタジー+5 ミスター・ファンタジー+5
トラフィック (2006/06/21)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

TRAFFIC 「MR FANTASY」        

1967年リリースUKバージョン
全12曲一部モノラル有り

記事が前後するけれど・・・・(笑)先月あの「エンロン」を観て来た。
映画のストーリーについては後日・・改めてご紹介します(^▽^;)が・・・その「エンロン」の音楽に挿入されていた凄いかっこいい曲が私の耳から離れないのでした。

昔・・・何処か?!有線なのか!?ラジオなのか分からないけれど・・・ギターのイントロや、ドラムの刻み方・・・ベースのリズム・・・こんなカッコイイサウンド今まで聴いたこと無いっ!!って、思うほど(笑)ずぅ~~~っと、頭から離れないそのフレーズ・・・バンドの名前も曲目も分からず今に至っていました(;へ:)

そうこうしてる内・・・・ある人が、たまたまネットで調べてくれました。(よく、私の行間だけで分かったものだと感心( ̄Д ̄;;)
そのカッコイイ♪サイケでもある骨っぽいソウルフルなボーカルの曲は「Dear Mr. Fantasy (ミスター・ファンジー)*7曲目で試聴できます」という曲でした♪
シタールなどの楽器やjazzっぽい曲もあったりで、面白いアルバムで結構・・・楽しめます♪
出張で、東京に行った時・・・・移動の電車や地下鉄の中でMP3プレイヤーでガンガン聴きまくりました(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。